STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » シーズン特集 » シーズン特集「EARLYシーズンより、シーバスゲームにおすすめモデルを5選+αをご紹介」

シーズン特集「EARLYシーズンより、シーバスゲームにおすすめモデルを5選+αをご紹介」

ヤマガブランクスのコンセプトは、「軽く」「強く」「よく飛ぶ」ロッドに求められるシンプルでもありますが、とても大事なこの3つの要素を掲げて今日に至ります。
特にソルトのルアーゲームにおいて、飛距離は非常に重要な要素だと常に考えています。

そんなヤマガブランクスのショアキャスティングのシリーズにおいてキャストフィール・遠投性能に徹底的にこだわったシリーズがEARLYシリーズになります。

EARLYシリーズは、アングラーの皆さんのゲームを制限せず、自由な発想で楽しんで貰うためにキャストフィール・遠投性能に徹底的にこだわったシリーズで、目安としてのカテゴリーは作っていますが、フォーサーフモデルを磯や河川で使用しても、フォーロックモデルをシーバスゲームで使用してもマッチするように、ロッド特性の違いはあれど、性能だけでない「投げやすさ」を何より重視しています。

今回はそんなアーリーシリーズの中からこれからベストシーズンを迎える、シーバスゲームにオススメなモデル5機種と後半ではボートシーバスゲームにオススメなモデルもご紹介したいと思います!!


【メインとなる機種】
●EARLY93M / 97MMH for Seabass
詳しいスペックは⇒こちらから

フォーシーバスの名の通りシーバスゲームにおいては全国のフィールドとオールシーズン対応の2機種になります。
フォーサーフモデルは曲げ込んだ際にバットがしっかり残るのが特徴ですが、フォーシーバスの2機種はバット付近まで素直に曲がり、「粘り強い」というのが特徴です。
それよりフォーサーフよりもさらにキャストのリリースポイントが広く、軽量ルアーのキャストでもしっかりブランクに重みを乗せることができますので、ストレスなくキャストを続けることできます。
また、その粘りは追従性にも繋がっており、シーバスゲームにおいて永遠の課題でもあるエラ洗いなどによる”バラシ”も軽減しています。
フィールドやシーズンに幅広く対応するフォーシーバス2機種はヤマガブランクスのロッドラインナップの中でも自信を持ってシーバスゲームにオススメできる機種になります。


【ベイトタックルでオススメ】
●EARLY93MH/Bait for Rock
詳しいスペックは⇒こちらから

ベイトタックルでシーバスをしたいけど、フォーシーバスモデルにベイトロッドがない!!と思われている方にオススメしたいモデルが”EARLY for Rock 93MH/Bait”になります。

for RockというところとMHというパワーから硬めのロッドと思われるかもしれませんが、他にはないコンセプトのロックゲーム用ロッドで、ティップは軽い負荷でも素直に曲がり、バットにかけて粘り強く曲がるようなロッドです。シーバスロッドシリーズのBallistick 93M/Baitと比較しても、Ballistickの方が高反発なロッドとなっており、静荷重比較があらわすように長さは同じでもロッド特性は全く別になります。

特にシーバスゲームにおいてEARLY 93MH/Bは、ミノーなどの巻きの釣りとの相性が良好です。ティップがしなやかですので、ルアーの引き心地や感度も良く、不意のバイトにも柔軟に対応することができます。また、なんといってもEARLY 93MH/Bは非常にキャストがしやすく、合わせていただくリールにもよりますが、10g以下のルアーも快適にキャストできつつ、ジョイント系ルアーを代表する固定重心の大型ルアーもベイトタックルの利点を活かしてキャストしていただくことができます。ベイトタックルに慣れていない方でもトラブルが少なく、キャストがしやすいモデルになっており、フィールドを選ばないオールラウンドに活躍してくれるモデルです。


【小場所 / フィネスな攻略に】
●EARLY84ML/4pcs for Mobile
詳しいスペックは⇒こちらから

EARLY 84MLはショアのライトミドルゲームにおいて、シチュエーションやゲームを限定せず幅広いエリアやターゲットに対応できる高汎用性がメインコンセプトで、もちろんシーバスにもオススメになっています。

河川中流域から小場所などでのシーバスゲームを得意とし、7cm~9cmのミノーやシンキングペンシルをメインにMax12cmクラスまでを使用するようなシュチュエーションではシリーズの中でも84MLがベストマッチです。また、捕食しているベイトが小さい場合や小型トップウォータープラグが有効なシチュエーションにも有効で、小型のジグヘッド+ワームや捕食しているベイトが小さく、ショートバイトが多発する場合など使用にもオススメです。

さらに84MLは4ピースロッドですが、携行性能だけではなく2ピースロッドと遜色ないキャストフィールと綺麗な曲がりを代表する性能面にはとことんこだわったモデルになります。


【スタッフイチオシモデル!! 】
●EARLY 96MMH/4pcs for Mobile
詳しいスペックは⇒こちらから

ライトショアジギング・サーフ・沖堤防など様々なフィールドに対応しているこのEARLY 96MMHですが、シーバスゲームにもとてもオススメになっています。

推奨ルアーウェイトを見るとかなり強いモデルと思われるかもしれませんが、モバイルロッドという特性上ルアーウェイトは比較的広く設定しているモデルです。
使用感は静荷重比較を見ていただくとわかる通り、懐の深い曲がりが特徴でバットパワーは強いですが、EARLY 97MMHと同等のしなやかなティップを搭載していますので、おそらく皆様が思っているより繊細なロッドで、軽いルアーのキャストもしやすく、追従性も抜群です。

シーバスゲームで使用するにあたり特にオススメしたいのが、秋シーズンの大型ベイトに付いたランカーサイズのシーバスを狙うゲームです。14cmからそれ以上の大型ミノーも気持ちよくフルキャスト可能で、マルチピースロッドとは思えない飛距離も大きな魅力です。
また、マルチピースの携行性活かして磯のマルスズキや都市部河口エリアでの自電車釣行から、車に忍ばせて仕事帰りのちょっとしたシーバス狙いなどにも…活躍の幅が広く、色々な可能性を持ったモデルになっています。


【番外編:ボートシーバスゲームには!! 】
●EARLY68M for Boat
詳しいスペックは⇒こちらから

EARLY68Mは定番の9~12cmクラスのルアーを快適に扱うことでき、バイブレーションやスピンテールとの相性も良いモデルになります。

シーバスではピン撃ちからオープンエリアでの遠投ゲームまで幅広く使用でき、チヌからサゴシを代表する小型青物類にも使用できますので、1本あれば幅広いターゲット、フィールドに対応するモデルです。

●EARLY610MH/Bait for Boat
詳しいスペックは⇒こちらから

対してEARLY610MH/Baitは、15cmクラスのミノーもしっかり振り抜けるパワーとブランクの反発力を持っており、50gクラスのジョイントルアーまで扱うことができます。
反発力は強いですが、負荷が掛かればしっかりと曲がるブランク設計で、シーバス相手にも硬すぎず・強すぎないパワー設定ですので、標準的なルアーをメインに使用しつつも、状況によっては大型のルアーも投げたい!!といったアングラーにはオススメです。
これから秋の大型ベイトシーズンには主軸として使えるモデルとなっていますので、是非お試しください。

●EARLY76MMH / 3pcs for Mobile
詳しいスペックは⇒こちらから

最後にスタッフイチオシモデルとしてEARLY76MMH / 3pcsをご紹介いたします。

モバイルロッドシリーズということで、幅広いルアーウェイトを快適に使用できるよう調整しておりますが、オススメとしてはパワーと張りを活かして、これから秋シーズンによく使用する14cm以上のルアーを使用したゲームとの相性が良く、19cmクラスのジョイント系ルアーも十分ご使用いただけます。
オープンエリアで遠投するゲームとの相性が良いのでシーバスだけでなく、いま盛り上がっているサワラゲームにも是非使っていただきたい1本になっています。


【最後に】

EARLYシリーズは目安としてのカテゴリーは作っていますが、枠組みに縛られることなく、使い手の発想次第ではまだまだたくさんの可能性を秘めているシリーズです。
今回の記事もご参考にしていただき、自由にそして快適に釣りを楽しんでいただければ幸いです。