STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » お知らせ » ロッド&釣法説明 » フィールドスタッフレポート 甑島スジアラ釣行 × BlueSniper100MH

フィールドスタッフレポート 甑島スジアラ釣行 × BlueSniper100MH

『甑島スジアラ釣行 × BlueSniper 100MH』  山田秀樹

熊本に来て24年…どうも甑島と言うとクロ(メジナ)狙いの「パン粉釣法」で有名だったので勝手に餌釣りのメッカ的なイメージで、比較的近いのに一度も行ったことが有りませんでした。
しかし近年「スジアラ」なるパワーファイターが釣れているとの情報が頻繁に入って来て、“一丁狙ってみるか?”的に釣行計画を立てるも天候不順で2年間中止の嵐。
そして今年も2回連続で時化の為に渡るコトが出来ませんでしたが、今回やっと念願が叶い串木野の「誠豊丸」にて人生・初めて甑島に渡礁するコトが出来ました。

暗いウチの渡礁後、明るくなってからタックルをセットして釣り開始。
今回は信頼のブルースナイパー100MH+新型ツインパワーSW6000HGで勝負に臨む。

一通り安全な場所からミノーを撃って周るが無反応だった。
そんな時、如何にも魚が付いて居そうな岬の先端に目に入った。
そしてミノーを去年限定販売だったBKF150にチェンジしてその場所に急ぐ。
第一投目、、、リトリーブ中のミノーの後にピンク色の魚体が付いて来るのが目視出来た。同行者に「真鯛が追って来てるゾ!」と大声で告げる。

そして2投目、、、再び追って来た魚体が手前のブレイクライン沿いでヒット‼︎
合わせを入れた瞬間に物凄い力で引く魚!“コレは真鯛じゃあない!“すぐにバッドエンドを腹に当ててゴリ巻きで対応。
リーダーが50lbと細かったので、ブレイクラインに擦らせない様に一気にロッドパワーで浮かせる。そして上がって来てからも暴れる魚体を見て、、、「コレがスジアラかぁ〜!」と感動した。

スジアラはジャスト60cm。3kgちょっとの魚体からしても、まだまだ青年になったばかりのようだ。

後で釣友に話を聞いてみると、ゴリ巻きしていた時もまだまだロッドにはかなりの余力が残っていたヨとのコト。

初めて渡った甑島で初めて釣ったスジアラ。
本当に嬉しい1尾でした。

渡してくれた「誠豊丸」の船頭さん、船を紹介してくれた常連さん、そして一緒に釣行してくれた仲間たちに感謝の1尾となりました。

次は正真正銘の80cmの大人サイズのスジアラをこのロッドで狙いたいと思います。

【使用タックル】
Rod:ブルースナイパー100MH / ヤマガブランクス
Reel:ツインパワーSW6000HG / シマノ
Line:ファメルPEストロング8 4号 / 山豊テグス
Leader:耐摩耗ショックリーダー50lb / 山豊テグス
Lure:BKF150(Dorado)/タックルハウス
Wear:RBB各種/リバレイ(双進)