STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート 種子島GTゲーム BLUE REEFシリーズ

フィールドスタッフレポート 種子島GTゲーム BLUE REEFシリーズ

宮崎県在住のフィールドスタッフ黒木氏よりBLUE REEEFシリーズを使用したGTゲームのレポートが届きましたのでご紹介致します。

 


 

6月下旬、種子島のLifeフィッシングガイドサービスさんにお世話になりGTを狙いに行って参いりました。

先ず、今回種子島に行くにあたり自分達にできる限りのコロナ対策として、72時間以内のPCR検査を受けて入島。

飛行機減便もあり初日の実釣開始は13時半からになりましたが、同行メンバーにいきなりの高反応!!

GTが数匹チェイス!!

皆次々とキャッチし、私も初日になんとかキャッチできました。

 

 

 

ロッドはブルーリーフ711/10Dualにステラ18000番でPe8号リーダー170ポンドです。

ハンマーヘッドのシャクレJrをテンポよくポッピングさせながら少し潜らせるのに扱いやすく、魚をかけた後も魚を誘導することができ体に負担が少なく感じました。

 

 

2日目も活性良くコンスタントに魚からのコンタクトがあり、一緒に行った東京池袋のショップ10ミニッツのオーナーである岸野氏もキャッチ!

 

 

 

岸野氏のロッドはブルーリーフ80/8Dualに小口径ポッパーTWDにて。

 

 

 

そして、私も2本目をキャッチ!!

 

 

711/10に大型プラグFCLCSP260で遠投も問題なくふりきれます!

 

 

3日目は風と潮が合わずなかなか厳しい展開に・・・

私達はGT流しの裏でティップラン…

 

 


無事GET!ロッドはもちろんバトルウィップTR69D
まだまだ余裕のロッドですがエギが先に壊れてしまいましたw

 

 

 

そして4日目!!

この日は何か違う!!GTも朝から高反応。

いきなりこの男がやりました!

 

 

 

絶好調の10ミニッツ岸野氏!

 

 

船中は皆盛り上がりっぱなしで私もいいサイズをキャッチ!

 

 

ロッドはブルーリーフ710/10Chugger、18000番にPE8号、リーダー170ポンドでした。ルアーはFCL CSP260。

より緩急をつけたメリハリのあるアクションをルアーにつけたかったので、張りの強い710/10Chuggerを選択。

更にクイックな動きをつけて出てくれた気持ちのいい1匹になりました!

 

 

更にこの日2本目のGTが私の操作するルアーに!!

ロッドは同じく710/10Chugger! そしてルアーはBrutal-lureギズモ220!

泡を大きく噛ませたメリハリのあるアクションで誘いをかけると勢いよく「ドカン!」とバイト!!

4回目のバイト後にやっとフッキング成功!!

 

 

これぞトップウォーターでしか見ることしか出来ないような完璧なバイトで、これまた気持ちのいい最高の魚を最後に今回の4日間の釣行を締めくくる事が出来ました!

 

 

<黒木 使用タックルデータ①>

ロッド:BLUE REEEF 711/10 DUAL

リール:19ステラ SW18000HG

ライン:PE8号

リーダー:ナイロン180lb

ルアー:しゃくれろ~た~Jr

 

<黒木 使用タックルデータ②>

ロッド:BLUE REEEF 710/10 Stick Bait

リール:19ステラ SW18000HG

ライン:PE8号

リーダー:ナイロン180lb

ルアー:ギズモ220

 

 

<岸野氏 使用タックルデータ①>

ロッド:BLUE REEEF 711/8 Stick Bait

リール:19ステラ SW18000HG

ライン:PE8号

リーダー:ナイロン180lb

ルアー:ブルータルルアー ギズモ220

 

<岸野氏 使用タックルデータ②>

ロッド:BLUE REEEF 80/8 DUAL

リール:19ステラ SW18000HG

ライン:PE8号

リーダー:ナイロン180lb

ルアー:TWD 200(小口径ポッパー)

 

最後に、今回お世話になりました”種子島 Lifeフィッシングガイドサービス” 島崎船長です!!