STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート Battle Whip IM69B ケンサキイカ

フィールドスタッフレポート Battle Whip IM69B ケンサキイカ

YAMAGA Blanksフィールドスタッフの船津です。

イカメタルが好調とのことで、昼出港で少しだけ調査してきました。

当日はべた凪でとても釣りやすい状況でした。

ポイントの水深は50m~55m。

使用したイカメタルは20号(75g)です。

今回使用したロッドはBattle Whip IM69Bです。

ベイトタックルは巻きパワーがあり、ボトム着底後すぐに巻き上げることができ、

レンジ調整もしやすいです。

ポイントに到着すると、すでに船団ができていました。

その中でボトムから1メートル上げたところで大きくゆっくりしゃくりあげてフォールさせ、

ピタッと止めて5秒くらいステイさせると1投目から穂先を抑え込むようなアタリが!

スゥっとあわせるとずっしりした重みが乗りました。

上がってきたのは良型のケンサキイカ!

その後もこのワンパターンでひたすら釣れ続け、3人で2時間半で77杯という釣果でした。

状況のいい時は何をしても釣れ続けるため、電動リールを使用して、

もっと重いイカメタルを使用して手返しを上げると更なる釣果アップにつながると思います。

BattleWhip IMシリーズはティップの感度が高く、震えるようなアタリも明確にわかります。

また、ロッド全体で負荷を受け止めて粘ってくれるため、イカメタルの使用適合ウエイトの幅も広く、

イカを掛けてからの身切れやバラシが少ないので安心してやり取りできます。

更には波のある日も波をロッドが吸収してくれるためイカに違和感を与えにくいです。

私は波のある日のティップランエギングの際にBattleWhipIM69Sを使用したりもします。

タックルデータ

ロッド:BattleWhip IM69B

リール:Light SWX IC

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン2号

スッテ:20号と4号浮きスッテ