REPORT

HOME » REPORT » Erea » 九州・沖縄 » 長崎県 沖磯 Mebius86M

長崎県 沖磯 Mebius86M

長崎県在住の池原様より、Mebius86Mを使用しての

釣果ご報告を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

 


 

 

長崎県沖磯

今回はアオリイカの禁漁期間中だったので、餌木を投げることは出来ませんでしたが、

ミノーやジグヘッドで多魚種釣ることが出来たので満足のいく釣行となりましたので、

レポートさせて頂きます。
朝一番に釣れたのは丸々と太った35cmほどのキジハタ。

足元でヒットしましたが、根に潜られる前に浮かせて獲ることが出来ました。

潮の流れが変わりボイルが起こり始めたため、

ワインドで広範囲に探っていると50cmほどのシーバスがヒット。

多少ドラグを出されましたが、磯場でのスリリングなファイトを楽しめました。

 

再度同じ立ち位置で投げていると、再度ヒット。

強烈なエラ洗いを繰り返しながら上がってきたのは、

これまた50cmほどのヒラスズキ。

人生初のヒラスズキだったのでとても興奮しました。

 

おまけ
同行した餌釣り師の方からウキ釣り仕掛けを借りて、

ブルーカレント82Fでメジナを釣らせて頂きました。

アタリを取る繊細さとメジナ独特の強い引きを受け止める懐の深さを味わえました。

 

タックルデータ
ロッド:Mebius86M
リール:D社2500番
ライン:PE0.8号
ルアー:ワインド、ミノー

おまけ
ロッド:BlueCurrent82F
リール:S社C2000番
ライン:PE0.3号
仕掛け:全遊動

 


 

池原様、この度は素晴らしい釣果ご報告頂きまして

誠にありがとうございました。

Mebius86Mの汎用性能の高さをうかがい知ることが出来る

今回の釣果ご報告は、私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

シーズン特集に於ける、メビウスシリーズの汎用性が

ここでまたご紹介できるのは、非常に有難い限りでございます。

シーズン特集「春イカシーズン突入!! エギングロッド解説 vol.2 メビウス編」

また次回の釣果ご報告をスタッフ一同楽しみにお待ち致しております。