REPORT

HOME » REPORT » Eging » BattleWhip OR72/C » 新潟県 スルメイカ BattleWhip IM&OR

新潟県 スルメイカ BattleWhip IM&OR

新潟県在住の猪俣様より頂戴致しておりました、

BattleWhipシリーズの釣果ご報告をご紹介させて頂きます。

 


 

新潟県の中心部に位置する「寺泊港」。

ここでは毎年5月の最終土曜日に、スルメイカ釣りが解禁となります。

解禁から数日は群れが少なく、寂しい釣果が続いていましたが、

新しい群れが入った情報が入り、梅雨の晴れ間で行って来ました。

 

 

目的は美味しい「沖漬け」を作る事です。

お世話になったのは「なかくに丸」さん。

親子2艘体制で出船し、コマセマダイ・近海ジキング・ティップランエギングなど、

四季の様々な釣りを案内してくれる人気の船宿さんです。

今回は中川大船長の舵でポイントへと向かいました。

 

18時30分の出船から約45分。

佐渡島を目の前に水平線に夕日が沈む頃、集魚灯の点灯を合図に、

スルメイカ釣りがスタートします。

 

初期は「ムギイカ」と呼ばれる、小型のスルメイカが中心です。

ロッドは「バトルウィップ」のIMとORを状況と仕掛けで使い分けました。

 

棚は50mより下げないで下さいと指示があります。

この日は棚が浮く時間帯が少なく[OR72/C]がメインとなりました。

3本スッテに小型水中ライトを装着したショート仕掛けで、

シンカーは25号~40号(約90g~150g)を使用する

「ライトスルメ」と呼ばれるご当地仕掛けです。

 

真下に落としてアクションさせたり、タダ巻き・スローなリフトなど、

スルメイカの興味を示す為に様々な誘いを掛けます。

「OR72/C」は、ムギイカの小さな触りでも、ティップがアタリを伝えてくれるロッドです。

オモリグの様にキャストはしませんが、重いシンカーを使用して棚が深い場合には、

スピニングのフォールの早さは武器になります。

シンカーに負ける事無く、しっかり誘ってアタリを目感度掛ける事が出来るので、

スルメイカ以外でも他のイカ釣りで使えるロッドだと思います。

 

中盤で20mラインに棚が浮いた時間帯では[IM69S]を使用しました。

10号前後のメタルスッテを使いたい所ですが、この日は満員での出船だったので、

オマツリを避ける為に20号(75g)を通して使用しました。

リールをセットして支点のバランスが良く、2500番のリールをセットすると

シャクリのアクションが楽に行えます。

重いメタルスッテでも、曲がって戻る力がしっかりしているので、

ストレスを感じずに、誘いを続けられるロッドです。

 

 

 

日本海のスルメイカは、これからサイズが良くなり身の厚い個体が増えてきます。

小さく身が柔らかいムギイカは、今がハイシーズンです。

寺泊港では7月に入りケンサイカに主役が代わりますが、

既に釣れ始めている情報が聞こえています。

アワセを入れた瞬間のズシッと来る重量感と高揚感は、

魚釣りでは味わえない瞬間だと思います。

自粛ムードが緩和され徐々に港が賑わって来ています。

数を求めるか、1杯1杯を掛ける楽しみに拘るか、一夜限りの乗船時間をイカと共に遊べるのが

「バトルウィップ」だと思います。

 

 

タックルデータ

ロッド・バトルウィップOR72/C

リール・シマノ 18ステラC3000

ライン・PE0.8号+ナイロン3号

仕掛け・つり具のトミー オリジナル仕掛け

 

ロッド・バトルウィップIM69S

リール・シマノ 18ステラ2500S

ライン・PE0.6号+ナイロン3号(オバマリグ)

 

スッテ&メタルスッテ・シマノ、ヤマシタ、キーストン各社製品

 


 

猪俣様、いつも釣果のご報告を頂き、誠にありがとうございます。

前回のコウイカに引続き、今回はBattleWhipシリーズにてはスルメイカ狙い。

OR72/CとIM69Sをシチュエーションによって使い分けて頂きながら、

それぞれの持つ特性を存分に引き出し楽しんで頂けたご様子をうかがい

私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

カーボンソリッドティップを備え、目感度・手感度共に高次元で追求したBattleWhip IM。

そして適度な張りを持たせたチューブラティップで、操作性と手感度を求めたBattleWhip OR。

様々な状況下、そしてターゲットに於いて抜群の対応力を発揮する

この2モデルは、全国各地のアングラーの皆様方の想像力次第で、

更なる可能性を見出せることと思います。

猪俣様、この度は誠にありがとうございました。

また次回の釣果ご報告を、スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。