REPORT

HOME » REPORT » Eging » BattleWhip IKA-METAL » 【福岡県】ケンサキイカ BattleWhip IM69/B OR72/C

【福岡県】ケンサキイカ BattleWhip IM69/B OR72/C

福岡県在住の吉川様より、BattleWhip IM69/BとOR72/Cの釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


6月某日。

福岡市西区より出船の、博多海遊丸さんを利用して今季初の玄界灘夜焚きに行って来ました。
(写真撮影時のみ、マスクは外しています。)
今季初だったので、まず一杯目はメタルリグで。
水深約50m。着底後、一シャクリ目5秒ステイさせているとツンとティップが入った。

ここからは、IM69Bのインプレッションです。

【使用ロッド バトルウィップ IM69B 今季より導入】

ティップがカーボンソリッドの為、アタリが明確に解りました。オレンジ色のスレッドも、夜間でもよく見え合わせやすかったです。
また長いグリップエンドは、腋に挟んでしっかりとホールドでき巻き上げも楽でした。

まず一匹目は、やや小振りのケンサキイカ。バタバタと、同サイズの釣れ食いが止まった。レンジを探ろうと、ボトムより5m刻みで攻める事にした。30mで当たった。今度は、ティップがフッと戻る食い上げ。いい感じの重量感、良型ケンサキでした。食い上げだったので、30mから上の29m28mを集中して攻めるとティップが入るアタリに変わった。

数匹キャッチ出来ましたが、サイズに不満。パラソル級が欲しかったので、オモリグタックルに持ち替えました。ここからは、OR/72Cのインプレッションです。

 

【使用ロッド バトルウィップ OR72/C  今季より導入】

昨年、武蔵丸宮本船長よりお借りし初めて使いました。それまでは、他社製品のティップランモデルを使用していました。使って直ぐに、これはいいと実感。
こちらも長いグリップエンドで、キャストしやすくシャクリやすかったです。理想のオモリグロッドだと、思い購入しました。

アンダーハンドでキャストし3回シャクリ、ステイさせ明暗部を通すと直ぐに当たった。ティップからベリーまでがズンと入り、合わせ~巻き上げはグリップエンドを肘に当てホールドしているのでこちらも快適。

上がって来たのは、良型ケンサキでした。パラソル級もキャッチ。やはりオモリグの方が、全体的に型が良いと実感した釣行でした。

 

 

 

【タックルデータ】

メタルリグ
ロッド バトルウィップ IM 69B
リール シマノ バルケッタF カスタム151DHXG
PE デュエル スーパーエックスワイヤー0.6号
リーダー サンライン イカメタルリーダーSV-I 2.5号
仕掛け オリジナル
ドロッパー デュエル イージースリム布巻き BLRM
スッテ デュエル 鉛スッテ四ツ目25号 FRH

 

オモリグ
ロッド バトルウィップ OR72/C
リール シマノ 17ツインパワーXD C3000HG
PE バリバス マックスパワーPE 0.6号
リーダー サンライン イカメタルリーダーSV-I 3号
三又サルカン カンジインターナショナルL +ホゴオモリ25号
下リーダー サンライン イカメタルリーダーSV-I 4号
エギ キーストン ・モンローエギ2.5号夜焚きチューン フルグローホワイト
キーストン   ・早福型 全夜光ホワイト(餌キビナゴ)


吉川様、日頃より弊社商品をご愛用下さいまして誠にありがとうございます。

IM69BとOR72/Cをシチュエーションによって使い分けて頂きながら、それぞれの持つ特性を存分に引き出し楽しんで頂けたご様子をうかがい私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

吉川様のおっしゃる通り、IM69Bはカーボンソリッドの目感度に加え、小さなアタリも手元に伝える高感度な「攻め」のモデルとなっており、軽量で高バランスなブランクは操作性だけではなくパラソル級も楽にリフトできるパワーも兼ね備えています。

OR72/Cは25~40号までのシンカーを快適にキャストすることが可能で、集魚灯の明暗まで安定した飛距離が出せます。さらに、イカが触った違和感をロッド全体で感知する手感度にも特化しております。

吉川様、また次回の釣果ご報告をスタッフ一同楽しみにお待ち致しております。