STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート 日向灘 キハダキャスティング

フィールドスタッフレポート 日向灘 キハダキャスティング

YAMAGABlanks・フィールドスタッフの黒木です!!

先日、知り合いの船長さんからお誘いを頂き、宮崎県の日向灘へキハダマグロのキャスティングゲームに行ってまいりましたので釣行レポートをお届けします。
ロッド選びの参考として頂けますと幸いです。


  • 宮崎県日向市沖・日向灘のキハダマグロ

宮崎沖のキハダマグロは通常はかなり沖合を回遊するのですが、今年は珍しく私の地元である日向市沖でもキハダの回遊が多く見られ、港から割と近場でも鳥山ができているとの事でした。
滅多にあることではないので、期待を膨らませ出船しました!

使用するのはヤマガブランクスのボートキャスティングロッド「BlueSniper 85/4 Canary」です。
キハダマグロ・ヒラマサといったターゲットをメインに想定して溜めの効くパワーを持ち、様々なルアーサイズに対応できるのが大きな特徴のモデルです。
ブランクの特性としては船下に突っ込まれたときに対応しやすいように、ロッドを立て気味でファイト出来る懐の深さを持っています。

出港後、沖へ向かう事わずか30分ほど走ったところで、突然いいサイズのキハダマグロの跳ねを発見!!
急行してキャストしましたが、残念ながらこの跳ねには間に合いませんでした。

見切りをつけ、次のチャンスを狙うために鳥の動きをずっと観察していると、少し怪しい飛び方をしている鳥を発見。

すかさずダイビングペンシルのGizmo 160をキャストすると、タイミング良く鳥の下にルアーが入り、ジャークを入れると「ドカン!!」と派手に水柱を上げルアーに出ましたが、フッキングには至りません!!
もう1ジャーク入れ、ルアーをそのまま水面に放置していると、ゆっくりと背鰭を出して泳ぐキハダが静かにパクリと食ってくれファイト開始!!

やはり水温が高いのでキハダ自体も元気が良い為か? ファーストランで150m程ラインを出されてしまいました。

ファイトに移行して頭をよぎったのはサメの存在です。同船者の掛けたキハダがシャークアタックを受けたという事もあり、出来る限り早めに浮かせようと、スプールを手で押さえてハンドドラグも同時に効かせながら、ロッドをしっかりと立ててファイト!!

リフトを繰り返しなんとか浮かせ見てみると立派なヒレ長でサイズの良いキハダマグロ!

 

帰港後に港で計量してみると41.5キロありました!

 

  • BlueSniper 85/4 Canary

釣行でメインに使用したBlueSniper 85/4 Canaryですが、基本的にはPE4号を推奨と30㎏以下を想定したモデルとなっています。

しかし、日向灘のキハダのサイズが大小様々であり、前述のように高水温により魚が元気な上にサメの存在があるという事で、今回はスペックオーバーではありますが、いざという事も考慮しPE6号をセットして臨みました。

ファイト時は限界近いであろう負荷を掛け思いっきり曲げ込みましたが、それでも失われないバットの復元力とリフトパワーに驚くと同時にヤマガブランクス製のブランクに対する信頼が更に上がり、改めて「強さ」を再認識できる釣行ともなりました。

 

【タックルデータ】

ロッド:BlueSniper 85/4Canary (YAMAGABlanks)

リール:TWINPOWER SW14000HG(SHIMANO)

ライン:LONFORT ODDPORT WXP1 8 #6(XBRAID)

リーダー:GALIS CASTMAN ABBSORBER 100lb(XBRAID)

ルアー: Gizmo 160(Brutal Lure)

 

製品ページ
https://yamaga-blanks.com/product/ohushorecasting/bluesniper-boatcasting/

 

関連動画