STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » Half or Full Day Fishing Trip ~近所へチョイ釣り~

Half or Full Day Fishing Trip ~近所へチョイ釣り~

連日ニュースで報道されているコロナウィルスの猛威は、

未だなお収束には至っておらず、不要不急の外出を控えて

空気の循環の悪い密閉された空間、人が密集し近距離での

接触が余儀なくされる場所等は、出来る限り避けるよう、

感染拡大防止に向けた呼び掛けが、繰り返しなされています。

 

いつ収束の兆しが見えるかわからない混沌とした状況が続き、

身体も心もモヤモヤ、ウズウズとしてくるのは、仕方がないかもしれません。

 

空気循環が良く、人が近距離に密集しない場所・・・

頭にまず浮かんでくるのはやはり「自然の中」。

気軽にチョイと出かけて、休みの1日、いや半日だけでも、

気持ちよく自然の中で過ごす・・そんな時間を持つことができれば、

鬱々とした心も少し軽くなるかもしれません。

GWの予定変更を余儀なくされた方々も多くいらっしゃるかと思いますが、

身近にあるちょっとした自然の中で過ごしてみる・・・

それも1つの選択肢かもしれません。

 

今回YAMAGA Blanksは、身近な自然の中で、気軽にチョイと出かけて釣りをする、

というテーマでYoutube動画を編集してみました。

 

まずはYAMAGA Blanksフィールドスタッフ・郡司氏が、通いなれた地元・宮崎県の川に

足を運び、初夏のDay Tripを敢行します。

使用するロッドは2017年の発売以来継続して高い支持を頂いており、

毎年非常に多くの再販を熱望するリクエストを頂く、BlueCurrent 70 TZ Trippers。

YAMAGA Blanksが発信する4ピースのライトゲームモデルとして、

様々なシチュエーションとターゲットをカバーする高い汎用性能を備え、

メインロッドとしても勿論、その高い携行性を活かして「チョイ釣り」の

お供としてもピッタリの1本に仕上がっています。

 

撮影は2019年6月8日。

まずは梅雨入り間近の宮崎県を流れる渓流に足を運びます。

前日に降った豪雨の影響が、濁りと増水となって見られる河川が多い中、

わずかな希望を持って、影響が少ないと思われる河川の上流部へと車を走らせます。

僅かな増水は見られるものの、濁りはなく釣りになると判断したポイントから入渓。

 

 

70TZ Trippersを手に、初夏の渓を釣り上がります。

抜群のアキュラシーでピンスポットに決まるキャスト、リズミカルで軽快な

トゥイッチングで操られたルアーに、美しいパーマークを持ったヤマメが

たまらずバイトします。

 

 

 

渓流で心地良い時間を過ごしたのち、そのまま思い立って河川下流部へと移動します。

次はチヌ狙いです!

前日の雨で若干の増水は見られるものの、落ち着きを取り戻した河川には魚の気配十分。

雰囲気の良いポイントに入り、トップウォーターでチヌを探ります。

ロッドは勿論そのままBlueCurrent 70 TZ Trippers。

 

 

シャープで収束の速いブランクでしっかりと飛距離を稼ぎつつ、

ダイレクトな操作感で意のままにコントロールされるルアー。

 

 

チヌがルアーの後ろにしっかりとついた感触を得ながら、そのバイトを待ちます。

水面を割って勢いよくバイトするチヌ。

フッキングに至らずもどかしい状況が続きながらも、諦めず丁寧に誘いをかけながら

食わせの間を入れてやると水しぶきと共に手に伝わる心地良い重量感。

水面を割ってバイトしてきたのは・・・。

 

 

様々なターゲットとシチュエーションをカバーするマルチピースロッド。

正にコンセプト通りの活躍を見せる今回の実釣動画で、BlueCurrent70TZ Trippersの

ポテンシャルをイメージして頂ければと思います。

荷物の中に忍ばせたり、車のスペースにそっと入れておいたりと、

ふと思い立っての「チョイ釣り」にはベストな1本です。

 

 

2本目はYAMAGA Blanks社屋のある、熊本県山鹿市を流れる里川にて

ヤマメを狙うHalf Day Tripです。

 

今回訪れた里川まで、社屋から車で約30分。

アクセスも非常に良く、また駐車後すぐに入渓できる気軽さが魅力です。

川のせせらぎを耳にしながら、小規模ながら風光明媚な自然の中を、

BlueCurrentⅢ53を手に、釣り上がります。

 

 

そのレングスを活かした取り回しの良さと、ダイレクトな操作感を

存分に発揮して、気温・水温共に低い低活性な状況を打破しようと試みます。

 

解禁直後と言う事もあり、週末からの高プレッシャーも懸念され、

なかなか姿を見せてくれないヤマメ。

 

 

 

厳しい状況下において丁寧にポイントを探ろうとするアングラーの

意図をダイレクトに、かつ正確にツアーへと伝えるBlueCurrentⅢ53のポテンシャルが、

如何なく発揮された今回の里川実釣動画となっております。

 

https://www.youtube.com/watch?v=cjyVzvd2fJc&list=PL11J9nPpSpQweVK2HvAA6Ic8ndJohMAHF&index=2&t

※3月28日(土)17時 公開予定

 

 

身近にある自然の中に入っていき、川のせせらぎ、鳥のさえずり、

風に揺られる木々のざわめき、岸辺に咲く菜の花の香り・・・

無心になって溶け込もうとすることで、普段見慣れた景色の中に

新鮮で意外な発見があるかもしれません。

 

これから訪れる心地良い春の陽気の中、釣竿を片手に「チョイ釣り」へ。

私たちもまた行ってきます!