STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » お知らせ » ロッド&釣法説明 » 【ロッド紹介】BlueCurrent 73TZ/NANO All-Range PROFESSORとは?

【ロッド紹介】BlueCurrent 73TZ/NANO All-Range PROFESSORとは?

BlueCurrent 73TZ/NANO All-Range PRFESSORとは?

BlueCurrent73TZ/NANO All-Rangeはメンバーズサイト限定販売モデルとなります。
ロッドの特性はその名の通りブルーカレント85TZ/NANO All-Rangeの流れを汲むモデルとなり、ライト~ミドルゲームのカテゴリーにおけるあらゆる魚種やメソッドを一本でこなすための高汎用性能を搭載したスペシャライズドモデルです。

7ft3inへショート化することにより取り回し面をコンパクト化し、ティップのしなやかさと研ぎ澄まされた感度でさらに繊細な攻略が可能となりました。バットは負荷に応じてしなやかに曲がりながらも、復元のスピードとシャープさが増すことで操作レスポンスが向上し、ジグ単ゲームでは0.5gでもティップ~ベリーに重みを乗せてキャスト出来るしなやかさに、水中での存在感を把握できる高感度性能と、繊細に操れる操作性を持たせながら、スーパーライトショアジギングでは12gのメタルジグも遠投できる安心感に加え、軽快且つ快適な操作感で扱える、といった両極端な攻略が1本で行えるモデルです。

他にもアジ・メバル・メッキのマイクロプラグゲームを楽しむことはもちろん、シーバスやクロダイのライトプラグゲーム全般に対してもルアーの操作面は快適に行え、ファイトにおいても安心感もって対応できます。

キャロを用いて遠投が必要な状況でも活躍してくれますし、3.0号クラスのエギは快適にしゃくる事が出来ますので、目の前に見えイカが現れればエギに付け替えてアプローチする事も可能です。こういった様々な状況に応じてフレキシブルかつレスポンスよく対応できるのが73All-Rangeの高汎用性能です。
1本でなんでも出来るという事はとても魅力的なことでもあります。

しかし、海の状況は日々刻刻と変化し、季節の移ろいによるシーズナルパターンもそうですが、初めて足を踏み入れるポイント等・・・そこには様々なターゲットと多様なメソッドが存在する中で、最終的にはその場面に合わせた柔軟で自由な発想力と適応力が釣果に結び付けるまでに最も重要になってきます。
その自由な発想力を73All-RangeProfessorの高汎用性能がアングラーをサポートし、その発想力と適応力を共に研鑽し経験を積み上げ、思い出に残る魚との出会ってほしいという願いも込められています。
「使い手次第」でロッドの変化が顕著に表れるのもこのロッドの特徴でもあります。


 

BlueCurrent73 TZ/NANO All-Range PROFESSOR キャスト動画

【ロッドスペック】
・全長 : 2225mm(仕舞寸法1135mm)
・自重 : 73g
・2pcs / 印籠継
・Lure : 0.5~12g
・Line : PE0.2~0.6
・Carbon : 99.8%
・適合リール目安 : D社2000番程度 / S社2000~2500番程度
・ガイド仕様 : トルザイトチタンフレームKガイド
・価格 : ¥48,000-(税抜)


今冬、ヤマガブランクスよりクリスマスリミテッドバージョンとして、特別カラーBlueCurrent73All Range TZ/NANO PROFESSORを2種類のイメージカラーで彩り、2021年12月に販売予定でございます。

 

詳しい仕様や受注開始日につきましては、弊社メンバーズサイトにてご覧くださいませ。
※オンラインショップでのお買い物には会員登録(→コチラ)が必要です。