STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート Galahad Slow 63/2&63/3

フィールドスタッフレポート Galahad Slow 63/2&63/3

YAMAGA Blanksフィールドスタッフの船津です。

今回は長崎県佐世保の「海宝」さんにて中深海のスロージギングへ行ってきました。

灼熱のべた凪で暑かったです。

今回のポイントは水深220~250mのポイントで少し2枚潮だったので、

フォールが早く抜けのいいジグを使用しました。

 

ロッドはGalahad63/2 SlowとGalahad63/3 Slowの2本です。

 

使い分けとしては、活性が低くジグに軽くしか当たってこないときに極細フックで

絡めとるように釣るときに63/2を使用し、活性が高くジグを大きくアクションする方がいい場合は63/3を使用します。

また、2枚潮で、アクションがつけにくい時も63/3を使っています。

ポイントに到着し2枚潮の状況だったので最初は様子を見るため63/3に350gのジグをセッティング。

少しで大きいアクションで攻めてみたのですが反応が薄い状況でした。

また2枚潮を消すように船長が操船してくれたので63/2に持ち替えてゆっくり誘っていったところ1投目からバイト!!

いいサイズのクロムツがヒットしました。

この日はこのパターンがいいみたいで、それから連発しました。

 

 

 

 

 

中深海の釣りはおいしい魚がいっぱい釣れるので魅力たっぷりです。

 

タックルデータ

Galahad63/2 Slow

リール:シマノ プレイズ1000

ライン:ファイヤーライン1.2号

リーダー:フロロ6号

 

Galahad63/3 Slow

リール:ソルティガ35NSJ

ライン:ファイヤーライン2号

リーダー:フロロ8号

 

ジグ:スロースキップシリーズ300~350g