STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート Mebius79M ボートエギング

フィールドスタッフレポート Mebius79M ボートエギング

YAMAGA Blanksフィールドスタッフの船津です。

ゴールデンウィークは時化続きでなかなか釣りに行けない状況でしたので、

マイボートにて港周りでのエギングに行ってきました。

釣行時間は11時~14時半までの短時間

今回使用したロッドはMebius79M!

ショートレングスでボートでも取り回しが良く、ビシバシしゃくれるロッドです。

最初だけボトムを取って、その後はあまりボトムを取らずに中層狙いで活性の高いやつを

効率よく獲っていく戦法です。

また、藻の中に入れすぎると一投一投藻が絡まるので釣りになりません。

当日は南風が強かったため、風裏でかつ水深7m~13mのエリアで

藻の生え方を見ながらポイント選定をしました。

ポイント探索していると良さそうな藻場を発見。

少しキャストをして4~5回しゃくりあげてテンションフォール掛けていると、

「ツン!」と触ったのですかさずフッキング。

ドラグをじりじり出して走ります。

しっかりロッドを立てて耐えているとすんなり上がってきました。

1.75㎏の良型でした!

 

もう1杯同じサイズのアオリイカがついてきたのですかさず同じポイントに投入すると1発でヒット!

同じくロッドを立てているとすんなり上がってきたのは1.85㎏!

 

バットパワーがあるのでコントロールがしやすく取り込みも楽です。

その後はアタリが遠のいたので、ポイントを移動。

そのポイントでは私は掛けることができなかったのですが、同船者が2.75㎏をヒット!

使用していたロッドはMebius710L。

デカイカのジェット噴射にも柔軟に耐えてじわじわ寄せてくることができます。

見ていて何の不安もない感じでした。

その後も800g前後のアオリイカを4杯追加して終了となりました。

 

非常に軽量で、しゃきっとしたブランクですが、掛けるとしっかり曲がってくれるロッドです。

 

タックルデータ
ロッド:Mebius79M
リール:シマノ セフィアBB2500H
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ3号
エギ:3.5号