STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » フィールドスタッフレポート Calista82ML TZ/NANO エギング

フィールドスタッフレポート Calista82ML TZ/NANO エギング

フィールドスタッフの山河です。

今回は梅雨前にアオリイカを求めて天草の海へと行って参りました。

今回使用したのはCalista82ML TZ/NANO。

イカのアベレージサイズやポイントの状況等がまだ解らない状態での釣行でもあり

不意の大型アオリイカにも対応できるよう82MLを選択させていただきました。

現場に着くとある程度予想はしておりましたが、例年通り手前は藻がキツイので
沖の潮目で掛けていかに沖で浮かせられるかが勝負となりそうな状態でした。

短時間での釣行でしたので、それだけ確認してとりあえず投げてみます。

この日は中潮の上り潮。良い潮が入っておりましたので、
とりあえず活性の高いイカから狙っていこうと思い、3.5号のエギを潮上にキャストして

ボトムから1〜2mを意識してキレのあるジャークで狙っていってみます。

しかし、20〜30分繰り返すも
何の反応もありませんでした。

満潮まで残り1時間となり、潮位も上がり藻も沈んでいたので、
狙い方を変更。

底からエギを離さず手前までじっくりと探ってみることにしました。

すると・・・

一投目で答えが返ってきてくれました。

ボトムを取りゆっくり2回シャクってまたボトムを取るを繰り返していると
藻の手前に差し掛かった時にラインテンションが抜けてビューっと一気に走り出しました。

大きそうでしたのでしっかりフッキング。

藻の手前でのヒットでしたので、ラインテンションを抜かないように敢えて一度沖に走らせます。

あとは82MLのバットパワーを信じて沖で浮かせて、無事に取り込むことができました。

上がってきたのは1.8キロと良型のオスでした。

 

 

この日は、スローな誘いに反応が良く、その後は600gと800gのメスイカを追加し、
潮止まりまでに3杯のアオリイカを釣り納竿となりました。

 

 

 

 

追加した、2杯のメスイカのアタリは非常に小さく、竿先をツンと叩かれた様なアタリだったので、

今回このロッド選択は間違いではなかったなと改めて実感しております。

繊細な中にもしっかりとしたパワーを持っておりますので、ポイントの状況によっては焦らずに一旦、沖に走らせて遠くで浮かせたりと色んなことができるのが自由自在に行えるのも82MLの魅力の一つだと思います。

釣行のパイロットロッドには最適だと実感致しました。

【タックルデータ】
ロッド:Calista82ML TZ/NANO
リール:ツインパワーXD c3000hg
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2.5号
エギ:3.5号