STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート BlueSniper72/3 ボートヒラスズキ

フィールドスタッフレポート BlueSniper72/3 ボートヒラスズキ

YAMAGA Blanksフィールドスタッフの船津です。

今回は、ボートからのヒラスズキ釣行へ行ってきました。今回は小型のボートでの

釣行のため長いロッドより、取り回しのいい短いものが扱いやすく取り回しがいいため

ブルースナイパー72/3を選択しました。ルアーは20gくらいからなげることが可能な

ロッドでバットパワーもしっかりしているので大型のヒラスズキにも余裕で対応できます。

当日は時化の翌日で多少うねりの残るコンディションでした。

サラシは若干薄いもののピンポイントにキャストできればヒットさせることができる状況でした。

ポイントに到着し、しばらく様子を見てキャストポイントとトレースコースを決めてキャスト!

狙ったところにピンポイントで入ると早速ヒット!

沈み瀬や岩だらけのポイントで障害物にラインが擦ったら即ラインブレイクの為掛けたらゴリ巻きです。

激しく抵抗するヒラスズキ!

しかし取り回しの良さとロッドのパワーでエラ洗いをほとんどさせることもなく68センチを

無事キャッチ!

普段は磯からヒラスズキ釣りをするのですが、ボートは潮で流されたり、船長の流し方を考えながら

キャスト位置を決めていかないといけないですし、磯とはまた違った難しさがあります。

この日は殆どが瀬際でのヒットだったため、かなりのキャスト精度が求められます。

それには、取り回しが良くキャストアキュラシーの良いブルースナイパー72/3は最適です。

不意の青物にも十分対応できるため、1本忍ばせておくといいと思います。

そんな感じで3時間ほど転々としながら6キャッチすることができました。

サイズは80センチオーバーは出なかったものの60~70cmの良型ばかりでヒラスズキの

豪快な引きを楽しめました!

ここで出ると思う狙ったところにスナイパーのようにピンポイントでキャストして、

魚をヒットさせるのがヒラスズキ釣行の醍醐味です。

磯は装備が大変ですがボートは手軽にできると思いますので一度チャレンジしてほしいと思いました。