STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » お知らせ » ロッド&釣法説明 » 【玄界灘・七里ヶ曽根】ブリジギング Galahad 624B電動

【玄界灘・七里ヶ曽根】ブリジギング Galahad 624B電動

皆さま、こんにちは!!

YAMAGA Blanksフィールドスタッフの船津です。

今回は、佐賀県唐津市の遊漁船「武尊」さんにてブリジギングに行ってきました。

 

例年、この時期はコンディションのいい個体が釣れるので挑戦してきました。

 

釣行当日は6時出港。かなりの冷え込みでしたが、船は暖房がついているので快適に過ごしながらポイントに到着。

 

風が強く、時化ている状況下で、水深は100~110mでのドテラ流しでしたので、350gのジグを使用。ロッドはGalahad624B電動を使用しました。

 

適応ジグは250gとなっていますが、この時期のおデブなブリはあまりキビキビとジグを動かすと追いきれないのではないかと思い、あえてヌルヌルとジグを動かしたかったためのジグウェイト選択です。

 

ジグを落とし、最初は中層くらいまで大きくアクションさせていたのですが、あまり反応がないのでボトムから30mくらいのレンジに絞り込んで細かくアクションしていると、ボトムから5mのところでヒット!!フックは太軸のものを使用していたので、フッキングは引き抜くように合わせました。

 

そこからはロッドを起こして電動リールのパワーでゴリ巻きしてきましたが、ロッドがしっかりとしなって魚を暴れさせずに浮かすことができました。
上がってきたのはコンディションのいいブリでした。

 

 

 

その後もヒットゾーンのほとんどがボトムから20m以内でしたのでその層を丹念に探って同じパターンでアクションしていると、コンスタントにアタリを拾うことが出来、昼までで8本キャッチすることができました。

 

硬いロッドでアクションしている人はあまりヒットしていなく、柔らかいロッドでふわふわとスピーディーにアクションしている人程、ヒット率が高い傾向にありました。

 

潮・風に水深、または魚の活性等の各種状況に応じて、ロッドの硬さやジグウェイトを使い分けすることが釣果にもつながると改めて思った一日でした。

 

 

~タックルデータ~
ロッド:Galahad 624B電動
リール:シーボーグ 500JP(グローブライド)
ライン:PE5号
リーダー:フロロカーボン
ジグ:KYジグ電動 350g(グローブライド)
スーパーロケット350g(ディープライナー)