REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 【宮崎県】ヤマメ BlueCurrentⅢ53/B

【宮崎県】ヤマメ BlueCurrentⅢ53/B

熊本県在住の竹下様より、BlueCurrent53/Bをご使用頂いての釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


6月中旬 宮崎県

梅雨の晴れ間に、渓流ルアーでヤマメを狙いに行ってきました。

所有しているLupus51もまだ全然使い込んでいませんが、今回はブルーカレントⅢ53Bで、前から興味があった渓流ベイトフィネスに挑戦しました。

いつも一緒に行く相棒とスケジュールが合わず、一人で行くことになり、昨シーズンは新型コロナの影響等で、いつもの沢に一度も行けていないのと、一人ということもあって、いつもより大分下流へ入渓することにしました。

かなり増水しており、いつものように川の中を釣り登るのが難しい状況。そのような中、目測と判断を誤り、水深股下ほどの流心で、水圧で身動きができなくなりそうに。

なんとか脱出して、脱渓→ピンポイントでの入渓→脱渓→ピンポイント入渓の繰り返し作戦へ変更。

水量があり流れが速く、ミノーを泳がせられる範囲が限られましたが、逆に魚が食ってくるポイントは絞り易くて、反応も良好。チビサイズを中心に十数回は掛けましたが、バーブレスを使用していることもあって、オートリリース(バラシ)連発。

ようやくランディングできた20cm弱の個体。

結局、ランディング成功は3回で20cmに達した個体はこの2尾。目にしたチェイス個体の最大サイズも24、25cm位でした。

ヤマメのバイトとファイトが独特ですので、ヤマメ釣りに関しては、絶妙なしなりのブランク性能を持つ、Lupus51に軍配かなと感じました。しっかり掛けて、バラさない。

しかし、ブルーカレントⅢ53Bの、使いやすさと汎用性の高さはとても魅力的ですね。なによりも、手返しがよくて超低空弾道で「ビタッ」とキャストが決まった時の快感は、たまりませんね。

 

タックルデータ

ロッド:ブルーカレントⅢ 53B

リール:ALC-BF7(アブガルシア)

ライン:PE0.4 リーダー フロロ5lb

ルアー:ミノー5cm(3~5g)


竹下様、この度はBlueCurrent Ⅲ 53/Bを使用されての釣果ご報告、誠にありがとうございます。

ポイントの状況を読み取り、変更した作戦が見事釣果に結び付いたご様子を伺い、私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

BlueCurrent Ⅲ 53/Bは、ショートレングスのベイトモデルです。
渓流ではその取り回しの良さと、最低限のバックスペースで高精度のキャストをビシバシきめることが可能で、ミノートゥイッチング操作にも優れたモデルになっております。

スピニング、ベイト共にメリットがございますので、状況に応じて使い分けていただけると、より一層の楽しんでいただけると思います。

竹下様、この度は誠にありがとうございました。
また次回の釣果ご報告を、スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。