REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » SeaWalk Taijigging » 【神奈川県】マダイ SeaWalk Taijiging シリーズ

【神奈川県】マダイ SeaWalk Taijiging シリーズ

神奈川県在住の野村様より、SeaWalk Taijigingシリーズを使用しての釣果ご報告を頂きましたのでご紹介致します。


記念に残る釣行になりましたのでご報告させて頂きます。

 

9月21日 大潮

普段からお世話になっている野毛屋釣船店さんに東京湾のタイラバゲームへ行って来ました。

最近の東京湾の状況としては
まだ水温が24℃と高めな事もあり、9月でも浅場でマダイの魚影が確認出来るようで、当日も比較的浅めのエリアで1日通して釣行が展開されました。

 

普段から浅場深場問わずキャスティングによるタイラバゲームをしているので

当日のタックルは

・Sea Walk Taijiging 611ML

・Sea Walk Taijiging 75ML

の2タックルで臨みました。

 

611MLには4000番のリールをセット。

バットパワーが強く、重めのタイラバも安定してキャスト出来るので
比較的深場のエリアが得意なロッドですが、当日は浅場にも関わらず潮流れが速かったので611MLのしっかりしたバットパワーで激流の中でも狙ったコースを引いてくる事が出来ました。

周りで徐々に魚信が増えて来た頃、小さめのアタリがあり、重みが乗るまで巻き続け、ヒット。

 

中々一定の水深から浮いてこず時間がかかりましたが、浮いて来たマダイは東京湾では記録クラス。

5.2キロ70㎝の立派なオスのマダイ。

自己記録を大幅に更新することができました。

75MLにはC3000番のリールをセット。

潮流れが緩い時や比較的浅場のエリアが得意なロッドでこちらでも本命の真鯛を始め、青物、マゴチなど多彩な魚をキャッチする事が出来ました。

レングスは611MLより長いものの、キャストフィールやタイラバを引いてくる操作性は75MLの方が軽く感じます。

軽めのタイラバやシャローエリアでは75MLの方が一日中投げ続けても疲れにくくて、こちらも気に入っている一本です。

 

611ML、75MLと同じMLクラスでも若干テイストが異なるようで

611MLはややスロー気味のテーパー、バットがしっかりしているので青物のライトジギングにも対応できます。

75MLは僅かにファースト寄りのテーパー、まるでテンヤなどの餌釣りも出来るような使用感です。

 

両機種共ティップが非常に柔軟なので、タイラバに魚がアタックした際、違和感なく針を口に乗せる事が出来ました。

真鯛特有の叩くような引きにも柔軟に対応してくれる懐の深さもあり、バラしも少なく大鯛や青物などパワーのある魚でも粘りのあるバットがここ1番で浮かせたい時に勝負をかけられるロッドで2本共キャスティングによるタイラバゲームでは欠かせない最も信頼のおける相棒になっています。

自己記録となる大鯛がヤマガブランクスのロッドでキャッチ出来た事に大きな喜びを感じております。

 

これからもSeaWalk Taijiging シリーズでキャスティングによるタイラバゲームをとことん突き詰めていきたいと思います。

 

タックルデータ

SeaWalk Taijiging 611ML
Stella 4000
PE0.8号
タイラバ80g

SeaWalk Taijiging 75ML
Twinpower c3000
PE0.6号
タイラバ60g


野村様、この度は素晴らしい釣果ご報告をいただきありがとうございました。

自己記録更新の大鯛、おめでとうございます!
私たちもロッドを通して記録更新に携われたこと、嬉しく思います!
ポイントの水深や潮流から状況を読み解いた、野村さまの知識と経験があってこそ釣り上げることができた1匹だと思われます。

野村様のおっしゃる通り、611MLと75MLは同じMLモデルではありますが、611MLはマダイ狙いで不意に掛かった青物にも負けないバットパワーを備えており、タングステンジグを使用したライトジギングにも併用できるモデルになります。
対して75MLは、そのレングスを活かしたシャロ―エリア攻略を得意としており、重めのテンヤや、キャスラバ、プラーマダイなど汎用性の高いモデルになります。

野村様、この度は誠にありがとうございました。
また次回の釣果ご報告を、楽しみにお待ちいたしております。