REPORT

HOME » REPORT » Erea » 九州・沖縄 » 【熊本県】真鯛 EARLY105MH

【熊本県】真鯛 EARLY105MH

熊本県在住の宮島様より、EARLY105MHの釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介します。


この日は朝からベイトがかなりの数入っていてあちこちでシーバスとチヌのボイルがありトップで狙うもベイトが小さすぎるのか反応が悪くあっという間に朝マズメが終了しました。

日が昇り始めあれだけあったボイルもなくなりテンションも下がってしまいましたが、まだ底付近には溜まってるかもとクリアのバイブをボトムまで落として丁寧にリフト&フォールで誘うこと数分後…

ガツンと金属的なアタリに合わせた瞬間一気に走り出すラインと手元に伝わる重量感でちょっと焦るサイズと確信。

ようやく上がって来たのは82センチ8キロの綺麗な真鯛でした。

真鯛の独特の叩きにはティップが追従して激しい突っ込みには全体が良く曲がりバットが踏ん張りその反発で浮かせて寄せる、の繰り返しでフックは#8でしたが問題なく獲ることが出来ました。

 

使用して2年が経ちますが私の中ではこの竿のポテンシャルを1番体感した釣行となりました!

▪️タックル

ロッド EARLY 105MH

リール S社4000XG


宮島様、この度は素晴らしい釣果報告をいただきありがとうございました。
良型の美しい真鯛ですね!おめでとうございます!

ボイルがなくなった後の対応力と丁寧な誘いでの1匹、お見事でございます。

EARLY105MHは50gまでのルアーを遠投できるハイパワーモデルでありながら、今回のようにボトムを丁寧に探ることができる繊細さも兼ね備えています。
不意の大物に対しても、粘り強く曲がることで、楽に魚をいなすことができます。

宮島様、この度は誠にありがとうございました。
また次回の釣果報告を、楽しみにお待ちいたしております。