REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » SeaWalk Taijigging » 長崎県  ジギング SeaWalk TaiJigging63M

長崎県  ジギング SeaWalk TaiJigging63M

長崎県在住の竹本様より、釣果レポートを頂きましたのでご紹介させて頂きます。

以下、竹本さまのレポートです。

 


遊漁船と友人の船でSeaWalk TaiJigging 63Mを使用したジギングの釣果です。
遊漁船ではヒラゴサイズから7kクラスまで10本釣れ、友人の船では真鯛・アラ・カンパチでした。

 

ロッドの印象としては、ワンピース構造ならではのジグを操作する際に曲がりが瞬間的に手元に入り復元力も高いため、一日中アクションし続けても体力的に非常に楽でありジギングがライトな感覚で楽しめます。魚が掛かってからはロッド全体で魚の首振りや突っ込みに追従するため、魚が必要以上に暴れず上がってくる印象です!

また、とにかく良く曲がるロッドですので、とてもスリリングなゲームフィッシングを味わえます。

ヤマガブランクスのハイレベルな製品にしびれました!

 

 

 

 

~使用タックル~

ロッド:SeaWalk TaiJigging  63M

リール:ダイワ ソルティガ ブラスト4500

ライン:PE4号

リーダー:フロロカーボン 50LB

ジグ:MCワークス キラージグⅣ ワイド 170g

水深60~85m


この度は、素晴らしい釣果報告誠に有難う御座います。

ヒラマサ7㎏クラスをはじめ様々な魚種をキャッチされ本当に流石で御座います!!

また、お話を伺うと乗り合い船のどてら流しで胴の間やトモでシャクリながらも今回のレポート頂いたタックルで何度も竿頭になられたとの事で、タックルとの相性にその日の状況とのマッチは勿論ですが、なにより竹本様の経験値と引き出しの多さによる結果かと存じます!

また、ご愛用頂いておりますSeaWalk TaiJigging 63Mは、本来タイジギング専用モデルとして潮流場・深場を重めのジグで手返し良く攻略するために開発されたモデルで御座いますが、ワンピース構造と調子自体もパラボリックでトルクのあるブランクであるため、通常のジギングでの使用も大変面白いロッドであり、近いパワー設定のジギングロッドであるGalahad 632Sと比較するとティップの硬さはほぼ同等ながら、ベリーからバットにかけての曲がり込みがスムーズなのはTaiJigging 63Mという使用感となります。

竹本様のようにジャンルの枠を超え「ジギングロッド」としてご使用頂くのも有りかと存じます。

またの釣果レポート心よりお待ちしております。