REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » SeaWalk Tairubber » 玄界灘 真鯛 / 青物 SeaWalk Tairubber 68ML / Galahad62/4

玄界灘 真鯛 / 青物 SeaWalk Tairubber 68ML / Galahad62/4

福岡県在住の青山様よりSeaWalk Tairubber 68ML / Galahad62/4を使用しての

釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


福岡県糸島市加布里の遊漁船「達喜丸」さんにお世話になりジギング&タイラバに行ってきましたのでレポートいたします。

当初ジギングメインの予定でしたが、シケの予報とのことで急遽タイラバ&ジギングになり、まずはジギングからスタートとなりました。
しかし、予報とは打って変わって風もない、潮も行かない状況でジギングにはちょっと厳しいという判断となり、タイラバのポイントへ移動になりました。

タイラバを開始すると、ほかの釣り客の皆さんが次々と鯛や根魚を掛ける中、私には釣れない状況がしばらく続き、焦りながらもあきらめずにタイラバを大きく流してできるだけ横方向に誘っていくことにしました。
150mほど糸を出してタイラバを巻いてくると大きなアタリが!
タイラバ特有のコツコツとくるアタリでは無く一気にガツンと来きました。
糸も長めに出していたので思いっきり大きく合わせるとシーウォークが弧を描きます。

巻いては糸を出されることを繰り返すこと数回。上がってきたのは82cm/約7kgの大きな真鯛でした。
私にとっては自己記録更新となる真鯛です。

遠距離でも合わせの力をしっかり伝えて針を貫通させることができ、さらにこのサイズの真鯛でも一切不安になることなくがんがん寄せてくるシーウォークのパワーと感度に大きく助けられました。
ファイト中に伝わる重量感からそれなりのサイズだとは思っていましたが、苦戦することなく楽々上がってくるので正直80UPとは思っていませんでした。
そのくらい楽にやり取りさせてもらえるロッドでした。
ありがとうシーウォーク!

また、そのあとはジギングのポイントに移動になり、ヒラゴ・ネリゴを合わせて数本追加してこの日の釣りは終了となりました。
今回ジギングに使用したのはギャラハドの62/4でしたが、とても楽にしゃくれますので全然疲れません。
残念ながら今回ジギングでは型に恵まれませんでしたが、ギャラハドの感度、軽快さに助けられ疲れ知らずで小型の数釣りを楽しめました。

【タックルデータ】
■タイラバ
ロッド:シーウォークタイラバ 68ML
リール:オシアカルカッタ201PG
ライン:PE1号
リーダー:トリガー12lbs
ルアー:ヤマシタ 鯛歌舞楽波動ベイト 100g
■ジギング
ロッド:ギャラハド 62/4
リール:キャタリナ4000
ライン:PE3号
リーダー:トリガー50lbs
ルアー:KSジグ 125g, 145g


青山様、この度は素晴らしい釣果ご報告を頂き、誠にありがとうございます。
82cm/7kgという、なかなか出ないサイズの釣果をSeaWalk Tairubber 68MLでキャッチしていただけましたこと、私共スタッフ一同も大変嬉しく存じます。
SeaWalk Tairubber 68MLは、青山様がご使用頂いている通り、ドテラ流しでの大型真鯛を狙ったシュチュエーションで、最高のポテンシャルを発揮するロッドでございます。

Galahad62/4も現在廃盤にはなっておりますが、マイルドかつ芯がありとても楽にジグを操作できるブランク設計は、現在のNew Galahadシリーズに引き継がれております。

今後とも弊社ロッドをご使用いただき、更なる大物の釣果報告をスタッフ一同楽しみにお待ち致しております。
この度は誠にありがとうございました。
また次回の釣果ご報告を楽しみにお待ち致しております。