REPORT

HOME » REPORT » Eging » Calista TZ/NANO » 香川県 エギング Calista&Mebius

香川県 エギング Calista&Mebius

香川県在住の山田様より、CalistaとMebiusを使用しての

釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 


 

今年の香川県での親イカシーズンに主に使用したロッドは

Calista82M TZ NANO、Carista710M TZ NANOそしてMebius85MLです。

自分の中での使い分けは、オールマイティーな使用感の82Mをメインで使用。

 

ラインに角度が付く深場や高活性のイカをテンポ良く誘ったり

ランガンを繰り返す場合は710Mを。

 

藻場をネチネチ探ったりシャローが多いポイントはエギの移動距離をなるべく抑えて操作出来、

尚且つ藻のタッチをしっかり感じ取れる85ML。

 

このような感じでフィールドやイカの活性によってロッドを使い分ける事により

釣果が確実に上がる事を実感でき、一本一本のロッドを妥協すること無く

しっかりコンセプトを持って作り込まれてる事をヤマガブランクスさんの

ロッドから感じる事が出来ました。

これからの秋の数釣りシーズンでもそれぞれのロッドのメリットを

存分に発揮させてエギングを楽しみたいと思います。

 

 

 

タックルデータ1

ロッド Carista 82M TZ NANO 710M TZ NANO
リール 18EXIST LT2500S
ライン YGK G-soul Upgrade PE X8 0.6号
リーダー Seagur Grand max FX 2.5号
エギ 餌木猿 3.5号

タックルデータ2

ロッド Mebius 85ML
リール 19 CERTATE LT2500S
ライン YGK G-soul Upgrade PE X8 0.6号
リーダー Seagur Grand max FX 2号
エギ 餌木猿 3.5号SS

 


 

山田様、いつも釣果ご報告を頂き誠にありがとうございます。

3本のYBエギングロッドを、様々なフィールド、シチュエーションで

お使いいただき、それぞれのポテンシャルを存分に引き出して

頂いているご様子を伺い、私共スタッフ一同も大変嬉しく存じます。

汎用性は非常に高いシリーズではございますが、やはりそれぞれのロッドに

得意とするシチュエーションやメソッドがございます。

それらをタクティクスとして使い分け、狙い通りに掛ける事ができれば、

やはり楽しさは倍増するかと思います。

山田様のエギングシーンに於きまして、弊社商品が活躍しているご報告を頂き、

非常に嬉しい限りでございます。

また秋のシーズンにもレポート頂ければ幸いでございます。

スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。

この度は誠にありがとうございました。