REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 静岡県ゴロタ浜 尺メバル BlueCurrent91TZ LC

静岡県ゴロタ浜 尺メバル BlueCurrent91TZ LC

YAMAGA Blanksユーザーの西坂様より、
BlueCurrent91TZ LCの釣果ご報告を頂きましたので、
ご紹介させて頂きます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもの伊豆ゴロタ浜ですがウネリが入っていて、

釣りになるのかなと言うかんじでしたが、

立ち位置がいつもより10m程後ろから始めました。

狙いのポイントであるブレイク迄ブルーカレント91 TZでも

ギリギリ届くような状況でした。

スローシンキングのフロートと0.9gのジグヘッドを使い

出来るだけウネリの影響を受けない様にして、

1秒間に1/3〜1/4回転のスローな巻きでジグヘッドが

海藻に当たるのを感じながらやっていると・・・

大きなウネリが来てフロートが持ち上げられた時、

竿にグンと重みがかかり最初は海藻が引っかと思いましたが、

ゴリ巻きで寄せると・・・

手前のサラシの中でメバルが確認出来てブルーカレント91 TZの

バットの強さで一気に引き抜きました。

上がってきたのは、体高があるコンディションの良い

32cmを超える尺メバル!

 

今回もブルーカレント91 TZの遠投力、感度、

バットの強さで取れた尺メバルでした。

今年このブルーカレント91 TZがカタログから消えたのが非常に残念ですが、

今年は海藻が多くメバルが良さそうですのでゴロタの尺メバルを楽しみたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西坂様、素晴らしい釣果ご報告を頂き、誠にありがとうございます。

また毎年、上州屋 戸塚原宿店様のロッド展示会にご来訪頂き、併せて御礼申し上げます。

ゴロタ浜でキツイ藻が入った、難しい状況下での尺オーバーメバル狙いと、

お話は展示会の際にも多くのお客様より伺っておりましたが、91TZでの攻略、そしてこの釣果!

素晴らしいです!

遠投性能と感度、相反するその要求を満たすためのブランクが

このBlueCurrentシリーズの中でも8ftを超える数機種かと思います。

生憎この91TZは廃盤となってしまいましたが、85TZ NANO,そして93TZ NANOと

その性能はしっかりとさらに磨きがかかって継承されています。

まさにこのゴロタ浜で尺メバルを手にする為のロッドだと思います。

実際にこれらを使用して、釣果を出して下さっている、上州屋 戸塚原宿店スタッフの方々に、

詳細をうかがう事も出来ますので、是非足を運んでみてください!

http://www.johshuya.co.jp/shop/detail.php?s=165&no=151239

 西坂様、この度は誠にありがとうございました。
また次回のロッド展示会にてお会いできることを
楽しみに致しております!