REPORT

HOME » REPORT » SeaBass & etc » Ballistick » 静岡県 シーバス Ballistick 73ML WILD CARD(Bait Model)

静岡県 シーバス Ballistick 73ML WILD CARD(Bait Model)

静岡県在住の中野様より釣果レポートを頂きましたので、ご紹介致します。

 


 

購入したロッドが購入後1時間半で入魂完了しましたのでご報告いたします。

 

1年前にバリスティックベイト93Mを購入してとても気に入っていたので2本目を購入しました。

 

よく行くポイントが河川内であれば飛ばして40メートルくらいなので前々から気になっていたバリスティックベイト73ML WILD CARDを小場所スペシャルとして選択。

その日は雨後の増水の満潮時刻に合わせて釣行。

 

いつもならスルーする水深の場所が通常時の倍以上水深がありベイトがうじゃうじゃいました。

 

そこは堰堤の下の深みと対岸の岸際の木のオーバーハングがある場所でとりあえず瀬尻にキャスト。

 

ロッドの感覚はもはやバスロッドです。

なんせロッド自体がめちゃくちゃ軽い!

今まで使っていたスピニングタックルが400グラムちょいだったのに対し、モアザンPE SVとの組み合わせで300グラムちょいになっているので投げた感じは6フィートか?と思うレベルです。

最初は全体的に少し硬いか?

と思いましたが投げてみると20グラム以下のルアーはとても投げやすく、ロングロッドと比べるとけコンパクトに振れるのでサイドのサークルキャストで投げると気持ちよく飛んできます。

初めてのロッドで夜にもかかわらず2〜3投の着弾補正で狙った場所にほぼ毎日投げ込めました。

瀬尻を流していると1発でバイトしましたが9センチの10グラムちょいのルアーでも弾かずのって合わせもがっつり入りました。

 

15メートル位のところでヒットして寄せるまで5分程度でしたが流石川鱸、ひたすらエラ洗いされましたがティップがグワングワン入り全くテンションが抜けずにやり取りできました。

寄せにかかる時も私自身がドラグをほぼロックしてクラッチワークでラインを出したりするのですがベリーからバットにかけての加重の移動がわかりやすくて限界までロッドを曲げ込んだファイトが非常に簡単に出来ました。

そんなにでかくない魚かと思ってランディングしてみるとジャスト80センチでした。

 

 

このサイズでもバットのトルク感と余裕は今まで使っていたスピニングタックルより全然良いものでした。

 

 

 

ロッド:YAMAGA BLANKS バリスティックベイト73ML WILD CARD

リール:DaiwaモアザンPE SV 8.1L

ライン:バークレイ ファイヤーラインクリスタル 1.5号

リーダー:バリバスVEP25lb

ルアー:LONJIN フランキー90 どチャートマット

 


この度は、素晴らしい釣果レポート誠に有難う御座います。

ご購入されて一時間半で入魂完了とは本当に流石で御座います!!

ご愛用頂いておりますBallistick 73ML WILD CARD(Bait Model)は小場所やボートでの取り回しと軽快かつキャスト精度の出しやすさに加えて、

幅広いルアーウェイトの扱いとファイトの追従性も備えた、全体的にバランスの取れたモデルで御座います。

現在は惜しまれつつも廃盤となりましたが、ご愛用頂いておられる方も多いモデルでも御座います。

中野様、同モデルでまたの釣果報告、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。