REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Sea Walk Light-Jigging » 長崎県 ジギング&SLJ Galahad633S&SWLJ/B66L 

長崎県 ジギング&SLJ Galahad633S&SWLJ/B66L 

長崎県在住の若林様より、Galahad633SとSWLJ・B66Lの

釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

 


 

12月4日に、平戸の遊漁船 一栄丸さんに、乗船しジギングに行きました。

午前中は、サワラのラインへのアタックと、自分のFGノットの甘さにより、

悔しい思いをしました。

午後になり、上潮に変化したところで、魚の活性が僅かに上がりました。

まず、ジグを潮に馴染ませるように、ロッドの柔らかさを利用して泳がしたところ、

ハガツオが、ヒット!

その後、すぐにジグを投入し、4キロ程度のヒラマサが、ヒット!

小型しか回遊していないと判断した、船長の操船で、カツオ曽根に移動したのち、

ジグを飛ばすように、ベリーを意識して、シャくると、アタックがあったので、

早まきで誘うと、3キロ程度のキメジが、ヒット!

少し、移動、休憩したのち、最後のジギングポイントに入り、ジグを横飛びさせるように、

ベリーを意識して誘うと、6〜7キロの5キロに設定したドラグを小気味よく出してくれる

ヒラマサがヒットしました。

合計4本を揚げて、夕まずめのキャスティングポイントで、SLJを楽しんでいたところ、

アカハタとイサキの幼魚のウリボーを揚げて、納竿となりました。

Galahad633sの汎用性と、その状況にあった適応力によって、

渋い1日を堪能できる結果となりました。

リフティングは、バットの復元力が最大限に発揮され、魚に主導権を渡す事なく、

ァイトが可能でした!

Sea Walkは、非常に楽しいロッドで、小さいあたりもしっかり取って、最後に、

ローパワーで楽しい釣行に花を添えてくれました!

渋い中、あの手この手で、釣らせてくれた丸屋船長と、

腕の悪い私に魚を釣らせてくれたタックルに感謝します。

いただいた海の幸は、海鮮丼にして食べる予定です。

 

 

タックルデータ(ジギング)
ロッド:Galahad633s
リール:ステラ8000PG
ライン:PE3号、リーダー70LB
ジグ:MC WORKS ガターS、キラーⅤそれぞれ150〜180g

タックルデータ(SLJ)
ロッド:Sea Walk B66L
リール:キャタリナBJ
ライン:PE0.6号、リーダー12LB
ジグ:TGベイト60g

 


 

若林様、いつも弊社商品をご愛用下さいまして、
誠にありがとうございます。
状況が渋い中、様々なアプローチを試みていただきながら、
GalahadとSeaWalkを活躍させて下さいました様子をうかがい、
私どもスタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。
一日の釣行の中でも、状況は刻一刻と変化し、またヒットパターンも
目まぐるしく変わるようなことが多い中、やはりブランクの
各パートが、その状況にアジャストできるようなポテンシャルを
GalahadとSeaWalkは秘めており、それを存分に引き出して頂きましたこと、
非常にありがたい限りでございます。
この度は誠にありがとうございました。
また次回の釣果ご報告を、楽しみにお待ちいたしております。