REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » SeaWalk Tairubber » 熊本県 タイラバ SeaWalkTairubber 60ML・68L・68ML/ Light-Jigghing B66ML

熊本県 タイラバ SeaWalkTairubber 60ML・68L・68ML/ Light-Jigghing B66ML

熊本県にお住いの本武様より、釣果レポートを頂きましたので皆様へご紹介致します。

 

以下、本武様のレポートです。

 


 

心配された台風13号もどうにか進路を外れ、絶好の釣り日和に第8回釣遊会を9月9日(月)に天草市新和町中田港付近から出航し、八代海の産島と長島でタイラバゲームを開催しました。

参加者10名で山鹿ブランクスさんのTシャツやポロシャツ、キャップを着装して豊栄丸とつりたか丸の2隻に乗船し、いざ出発!

各々自分の好みのロッド(シーウォークタイラバ60ML・68L・68ML、New modelシーウォークライトジギングB66ML)、リール(シマノ オシアコンクエスト200HG他)、PEライン0.8~1.2を使用して緊張の一投目。

水深60m前後を探り、スローで巻き上げてボトム~20回転ぐらいでアタリが出るパターンが多かったのですが、小鯛やフグが多く、メンバーも悪戦苦闘。

ヘッドのカラーやネクタイも一番波動の大きいものに変更しながらアプローチしたのが奏功!

ボトムから7回転巻いたあたりで、ロッドが強烈に曲がり、ラインが出ていきます。これは、間違えなく大物の予感。しかし、余裕、余裕!このシーウォークタイラバもNew modelシーウォークライトジギングB66MLも繊細さとパワーを兼ね備え、深場における80cmオーバーの大鯛に的を絞ったランカー使用です。大型魚の走りを受け止めるバットを融合しているので、確実にマダイを追い詰めていきます。

姿を見せたのは、50cmクラスのマダイ。

 

 

メンバー全員が笑顔で第8回釣遊会を無事に終了しました。

 

 


 

毎度、素晴らしい釣果レポート頂き誠に有難う御座います。

弊社のヘビーユーザーである本武様と職場のお仲間の皆様で定期的に釣り大会を開催されており、大会当日も天候と釣果共に恵まれ最高の時間をお過ごしになられた事かと存じます。

また、通いになられる天草・八代海エリアも島々と複雑な海底地形による潮流場でもあり、皆様にご愛用頂いておりますSeaWalk Light-Jigghing B66MLとTairubber 60ML・68L・68MLは流れに乗った良型真鯛でも安心感を持ったファイトが可能であり、バットはただ硬いだけでなく粘り強く真鯛の走りを受け止め浮かせてくれるのも特徴の一つで御座います。

 

本武様、またの釣果報告をスタッフ一同心より楽しみにお待ちしております。