REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Sea Walk Light-Jigging » 新潟県 SLJ SeaWalk LightJigging67UL&66L

新潟県 SLJ SeaWalk LightJigging67UL&66L

新潟県在住の猪俣様より、SeaWalk Lightjiggingを使用しての

釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


【可能性を探る新潟近海SLJ】

ここ数年でオフショアカテゴリーのメインとして確立したスーパーライトジギング(SLJ)。

タングステン系ジグの台頭と専用タックルが確立された事により、

身近な魚種がより簡単に、数釣れる時代になりました。

新潟県・日本海エリアでは、まだまだ認知度が低く、春の真鯛ジギングに押され気味です。

今回お世話になったのは、新潟県聖籠町・網代浜漁港を拠点に構える

JAPANSEA(ジャパンシー)さんです。

 

新潟近海を知り尽くす木村船長の操船で沖に出ました。

使用するロッドは[SeaWalk LightJigging]シリーズ。

狙う魚種によって水深が変わる為、ポイントの状況で使い分けました。

最初は、マダイ狙いで80m前後の深場に入りますが、潮の流れが悪く反応が無いので

早々に見切りを付けて、浅場の30m前後の漁礁へ入ります。

ここでは5cmほどのカタクチイワシの魚探反応がビッシリと出て、

豊富な魚種が顔を見せてくれました。

好釣果を得たのは波動が強いタイプの[タングステン系メタルジグ]。

カタクチイワシの泳ぎ波動に近く、シルエットが似ている為と想像出来ます。

また、カニを捕食しているロックフィッシュには、平たいシルエットのジグを

スローに誘うパターンが良く釣れていました。

釣果は船中10種目達成。

快晴、無風、ベタ凪、潮止まりの厳しい条件下で、頻繁に船が流し魚影が薄いと言われている

近場の漁礁でも結果が出せたのは大きな収穫です。

 

新潟近海では、状況が良ければ、看板役者マダイ&アマダイ。

脇を固める名脇役にロックフィッシュと、豪華共演で1日楽しめます。

SLJの釣りを振り返って思うのは、小さなジグを使えば簡単に釣れると言う安易な事ではなく、

タックルバランスが最も重要である事。

細すぎるラインでは根掛かりに対する恐怖心が増し、アプローチが一歩引いてしまいます。

大物がヒットした時も不安です。

逆に太いラインでは、潮流の影響を受け、ジグのフォールを妨げてしまします。

その場の状況に合わせたトータルのタックルバランスを、船上で素早く構築する事が

良い釣果への近道と感じてます。

このSLJがオフショアのジャンルとして定着して影には、[タングステン系メタルジグ]の

存在があると言えます。

 

コンパクトなシルエットは、沈みが早いだけでなく、ライトラインと相性が良く、

魅力なスイミング&フォーリングを演出可能です。

餌に頼りがちだった魚種も視野に入れ、今後の展開では新しい魚種が開拓されるかもしれません。

SLJの可能性は無限大です。

柔軟な専用ロッドを1本手にすれば、エギングで使っているリール&ラインがそのまま使えます。

基本はライトタックルなので、疲労感が出にくく誰もが気軽にチャレンジ出来るジャンルです。

それでも、より多くの釣果を求めるなら、タックルバランスを考え、

テクニックを駆使する事が求められます。

オフショアに慣れた方でもハマってしまうのは、安易な発想では答えに

結びつかないからではないでしょうか?

SLJは、たくさんの魚が釣れるのが魅力ですが、魚を資源と考えた場合は有限です。

無限ではありません。

特にロックフィッシュは1つの漁礁に定着性が強く、直ぐに場荒れしてしまします。

キープ数を決め、小さい固体はリリースするなどアングラーの配慮が必要です。

遊漁船の船長さんは、お客さんに釣ってもらう為、漁礁の魚1匹1匹を大切にしています。

SLJに、ライン何号・ジグ何グラムの定義はありません。

1日の釣りを精一杯楽しめたのなら、それがスーパーライトジギングです。

 

タックルデータ

ロッド・SeaWalk LightJigging67UL SpinningModel
リール・シマノ 18ステラ2500S
ライン・PE0.5号+ナイロン12lb

ロッド・SeaWalk LightJigging66L BaitModel
リール・シマノ オシアコンクエスト201HG
ライン・0.6号+ナイロン16lb

フック・BOZLES SLJシリーズ イサキ用ショート&ミディアム
マダイ用&ミディアム
使用ジグBOZLES TG TOKICHIRO30g・40g
TG RANMARU40g
TG IEYASU30g

 


 

日頃より弊社商品をご愛用下さいまして、誠にありがとうございます。

またこの度は釣果ご報告頂き、併せて御礼申し上げます。

新潟県近海に於いてのSLJ(スーパーライトジギング)の

可能性を詳細にレポート頂きました事、また、そのメソッドに

弊社SeaWalk Lightjiggingシリーズを使用して素晴らしい釣果を出して頂き、

私共スタッフ一同も大変嬉しく存じます。

その日の状況、ベイト、水深、潮流等を的確に見極め、

システマチックにタックルを組み合わせて、自身のタクティクスを

構築して釣果に繋げる楽しさを、存分に味わって頂くために

このSeaWalk Lightjigging シリーズはアングラーをしっかりとサポート致します。

猪俣様、この度は誠にありがとうございました。

また引き続き変わらぬご支持賜りますよう、スタッフ一同心よりお願い申し上げます。