REPORT

HOME » REPORT » Eging » BattleWhip OR72/C » 新潟県 コウイカ BWOR72/C

新潟県 コウイカ BWOR72/C

 

新潟県在住の猪俣様より頂戴致しておりました、

釣果ご報告をご紹介させて頂きます。


 

日曜日の夕マズメにコウイカを狙って来た釣行のレポートです。

毎年5月~6月にかけて、期間限定で楽しんでるコウイカですが、

エギングロッドやライトゲームロッドでは、キャストに若干の

ストレスを感じる部分があり、今季発売のBattleWhip OR 72/C

をショアで使用しました。

 

仕掛けは、バスフィッシングで使われるワイヤーを使用した

ヘビーキャロライナリグです。

仕組みは、オモリグとほとんど変わりません。

 

着水点から素早くボトムへ到達する事と、エギを浮かせにくくする効果が有り、

使いやすく好釣果が出ています。

 

シンカーは14g~21gを使いますが、エギの重さやキャロリーダーの遠心力が加わり、

キャスト時の抵抗は重く掛かります。

BattleWhip OR 72/Cは、アンダーで150gまでキャスト可能なので、

このリグをアンダーでストレス無く振り抜けます。

全体的に固すぎる事はなく、操作性の良いティップを持つので、

ヘビーなウエイトを扱えるロッドでも、イカ釣りのカテゴリーに当てはまるバランスです。

 

 

エギは、エサ巻きのタイプを使ってみましたが、キビナゴ効果なのかコウイカの反応が良い様に感じます。

通常のエギ単体でも釣れるので、たまに変わった事をすると、より釣りが楽しくなると思います。

 

 

操作性の良いレングスで、まだまだ色々な釣りに使えそうな発想が浮かんで来ます。

オフショア用でも、ロッドは釣道具の一つであり、使い方はアングラーが決めます。

オモリグと言う特殊なカテゴリーですが、市場には数少ない貴重なロッドであることは間違いありません。

 

 

タックルデータ

ロッド・BattleWhip OR 72/C
リール・シマノ 18ステラC3000
ライン・PE0.8号+リーダー3号30㎝(キャスト時の絡み防止)
キャロリーダー・フロロカーボン5号(素材の硬さで絡み防止)
シンカー・ヘビキャロシンカー14g~21g
エギ・ヤマリア もぐもぐサーチ+キビナゴ

 


 

猪俣様、いつも釣果のご報告を頂きまして、誠にありがとうございます。

今回は発売されて間もない、BattleWhip OR72/Cをご使用頂いてのコウイカ狙いと言う事で、

ご報告頂きましたが、このOR72/Cのブランクが持つポテンシャルをご理解頂いた上で、

それを存分に発揮して頂き楽しまれているご様子をうかがい、私共スタッフ一同も

大変嬉しい限りでございます。

猪俣様の経験と想像力で、OR72/Cのブランクが持つ可能性は更に

拡がったように思います。

この度は誠にありがとうございました。

また次回の釣果ご報告を、スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。