REPORT

HOME » REPORT » Erea » 九州・沖縄 » 宮崎県 ヤマメ Lupus51

宮崎県 ヤマメ Lupus51

熊本県にお住いの竹下様より釣果レポートを頂きましたので、皆様へご紹介いたします。

 

以下、竹下様のレポートです。

 

------------------------------------------

 

宮崎県ヤマメ釣行

 

2019.9.17 晴

 

 

 

Lupus51を早々に購入していたのですが、休みと天気がなかなか噛み合わず、ようやく釣りに行くことができました。

当日はゆったりと9時30分に入渓、早速足元にお試しのキャスト。明らかに投げやすい!ルアーを回収中していると「んっ?」。

 

 

 

 

私のLupus51の初ヤマメは、こんなおチビちゃんでした。数年後の尺超えを約束して優しくリリース。

期待を胸に上流へ遡行しながらキャスト、すぐさま良型がヒット。

 


水量が充実しており、魚が川全体に散っている印象でした。「ここだっ!」という滝壺や深みでノーバイトかと思えば、水深僅か十数センチ程度の何の変化もない所でのチェイスなど、食わせ所が難しくルアー釣りには分の悪い印象でした。

 


そのような状況でも、25センチを頭に20匹近く(大半はリリースサイズ)を釣り上げることが出来、13時過ぎに満足して納竿。

 

 

Lupus51ですが、操作性の良さを感じました。正確なキャストをする事ができ、ルアーアクションがしやすく、魚がヒットした際はブランク全体でのせるような感じで、バラシはほぼ無し。なによりも「51」という長さに納得でした。

今度は、Lupus51の更なる魅力が味わえるような大物を‥‥。

 

ロッド: Lupus51(ヤマガブランクス)

リール:12アルテグラC2000S(シマノ)

ライン:ナイロン4lb

ルアー:シルバークリークミノー45S(ダイワ)

熊本県:竹下

 


この度は、素晴らしい釣果レポート誠に有難うございます。

ご購入後、ようやく休日等のタイミングが合致した初釣行で良型を含め多数キャッチといった素晴らしい釣果に恵まれた様で、私たちスタッフも大変嬉しく思います。

本当におめでとうございます!

また、Lupus51は山岳渓流に於いて、渇水時や水量の少ない流れのシビアな状況でより繊細なアプローチが必要な時に真価を発揮し、しなやかながらも収束の早いブランクがバルサ製のフローティングミノーとの相性も良くお薦めの組み合わせでもございます。

今シーズンは本日をもちまして禁漁となりますが、また来シーズンの竹下様にとって素晴らしい渓魚達との出会いをスタッフ一同楽しみにしておりますと同時に、またの釣果レポートを楽しみにお待ちしております。