REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 千葉県 シーバス BlueCurrentⅢ 74  

千葉県 シーバス BlueCurrentⅢ 74  

東京都にお住いの工藤様より釣果のご報告を頂きましたので、皆様へご紹介させて頂きます。

 

以下、工藤様のレポートです。

 


ヒラセイゴのライズが少しあり、けどトップに反応なし。
5m先にある根の落ち込みの先に夜霧Fをキャストし潜らせて、根の手前でヒラを打たせるとギラッ!っとバイトしたもののフッキングせず。
少し場を休ませて、x55をキャストしただ巻きでヒット!!

直後からロッドが弧を描き、ドラグが止まらず。
けど、ロッドに不安はなくドラグを出しながらもひたすら巻いて体力を削ってキャッチしました。

途中、なかなか凄い突っ込みをみせるも竿がいなしてくれて、細いフックも全く伸びてませんでした。

不意のキャパオーバーの魚でしたが、安心感がありました。

 

 

<74を使った感想>

横風がやや強く、ややロッドが柔らかく感じYURAPENだと自分でちゃんと動かしているのかわかりませんでした。

いつもなら良く誤爆が起きるので、たまたまそういう状況でないか?動かせてないか?がいまいち判断できませんでした。

凪だと良いのかも知れませんが、状況的に69のほうがやっぱり良かったんだろうなと思いました。

しかし、リップ付きのダイワ夜霧F、メガバスx55などトゥイッチはとてもやり易かったです。

次回は、ヒイカに使ってみようと思っています。

 

千葉県漁港

横風5m

<タックルデータ>

ロッド/BlueCurrent Ⅲ 74

リール/月下美人2000s

ライン/PE0.2号 リーダー5lb

ルアー/メガバスx55

 


 

この度は、素晴らしい釣果レポート誠に有難う御座います。

ナイスサイズのシーバス本当におめでとうございます!!

フィネスタックルに対してはまさにキャパオーバーで不意の大物となりますが、このサイズをキャッチまで至ったのは足繫くフィールドに通われる工藤様の努力と技量によるものかと存じます。

そのサポートをBlueCurrent Ⅲ74がさせて頂き、ロッドのポテンシャルをしっかりと引き出して活かして頂けた事、私達スタッフ一同大変嬉しい限りで御座います。

これからのヒイカやバチパターンなど、小型ルアーで繊細な攻略が必要なシチュエーションでの活躍を期待しておりますと同時に、またの釣果報告スタッフ一同心よりお待ちしております。

本当に有難う御座いました。