REPORT

HOME » REPORT » Erea » 九州・沖縄 » 佐賀県 ボートエギング Mebius710L&79M

佐賀県 ボートエギング Mebius710L&79M

佐賀県在住の船津様より、ボートエギングの
釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介致します。

エギングの最盛期ということもあり、
マイボートでエギングへ行ってきました。
今回使用したロッドはMebius79Mと710Lです。
朝一は風も無く、曇り空でした。
今回は佐賀の釣具店の方々と4人での釣行でした。
風のない状況だったので非常に釣りやすく狙ったところを
ねちねちやっているとサクッとキロオーバーをゲット!!
ねちねちやるには710Lが非常に軽く、動かしすぎない感じで
センシティブなイカ狙いやピンポイント狙いには非常に有効だと思いました。
あと女性アングラーにも使って頂きましたが、「今までのロッドの中で一番使いやすい!」と言ってました。
私は79Mで少し加減しながらエギを動かしねちねちやっていました。
10時くらいから風が出始めたのでドテラでの釣り方になったときに79Mの出番でした。
風の影響で小さいシーアンカーを入れていても0.5ノットくらいで流れていたので
ラインがだいぶ出るような状況となりました。
そんな状況でもロッドの反発力で遠くのエギもしっかり動かすことができ無双モードに突入しました。
同船者の方々が苦労している中、テンポよく掛けることができました。
同船者の方から「もう投げないで!」と言われました。(笑)
そんな中今日一番の引きがありドラグをガンガン出していく引きでした。
しかしロッドを立てているだけですんなり浮かすことができました。
おかげで安心してやり取りができました。
キャッチしたサイズは1.8㎏でした。ロッドパワー的には楽勝でした!!
710Lは無風の状況やピンポイントを動かしすぎないように釣るとき、
体力のない方が楽に1日釣りをするときにぴったりだと思います。
79Mはレスポンスの高いエギをテンポよく操作するとき、風が強くドテラでラインが多く出ていくとき、
活性高い個体をテンポよく探っていくとき。
ざっくりとですがこのような使い分けかと思われます。
ボートエギングではこの2本があれば状況に対して使い分けができるため
釣果を伸ばすことが可能だと思います。
まだまだ使い込み方が足りないのでリールのギア比やラインの号数等の変化をつけて
使用して引き出しを増やしたいと思います。
最終的には昼くらいまでの釣行で20杯でした。
タックルデータ
ロッド:Mebius710L・79M
リール:セフィアBB C3000s
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ2号
エギ:EZ-Qダートマスター・EZ-Qキャスト

船津様、いつも釣果ご報告頂き誠にありがとうございます。
ボートエギング最盛期、絶好調ですね。
色々な方面からよい釣果情報を頂いております。
お使い頂いておりますMebius710L、79Mはショアは勿論、今回のように
ボートエギングに於いても非常の大きな武器となります。
710Lと79Mの使い分け、それぞれの特性も非常にわかりやすく、
状況に応じての2タックル使用は、非常に理にかなっておりますし、
絶対的な釣果にも差がでるところかと思います。
最盛期が長く続く事を願い、また船津様の次回レポートを
スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。
この度は誠にありがとうございました。