REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Galahad » 佐賀県 ヒラマサジギング Galahad633S

佐賀県 ヒラマサジギング Galahad633S

佐賀県在住の船津様より、
Galahad633Sの釣果ご報告を頂きましたので、
ご紹介させて頂きます。

ハイシーズンの春マサ狙いでジギングに行ってきました。
今回使用するロッドはGalahad633Sです。非常に軽く、
竿全体で曲がってくれるためとてもタメが効き、バラしにくい竿だと思います。
当日は風も波もあまりなくポカポカ陽気の釣り日和でした。
水深は90~100mのエリアでした。朝一は潮があまり流れていなく反応が悪い状況でした。
昼くらいから潮が変わりアタリが出るようになりました。
春マサらしく広範囲で当たってくるのでボトムから60メートルくらいまで
しゃくらないといけない状況ででした。
そんな中ボトムから60メートル付近でヒット!
5キロクラスでしたが難なく浮かすことができました。
その後はボトムから4mくらいのところで当たってきたりしていて
かなり広範囲に魚が散らばっている状況でした。
その後は8.4キロのヒラマサをヒットさせドラグをきつめに設定していたため
ほとんど出ることなくキャッチすることができました。
それでもロッドはしっかり浮かしてくれました。
魚が暴れて落ち着いていないブルブルと暴れるときも
竿全体が柔軟に受け止めてくれたのでバラさずに済みました。
今回は150g~200gのジグをボトムから70~80回しゃくることを繰り返す感じだったので
普通なら腕がちぎれるくらいきついのですが今回使用したGalahad633Sが竿全体で曲がって、
衝撃吸収してくれるため楽にしゃくれるので1日中しゃくり続けられました。
タックルデータ
ロッド:Galahad633S
リール:ソルティガ5000
ライン:PE3号
リーダー:フロロ50lb
ジグ:150g~200g

船津様、この度は素晴らしい釣果ご報告頂きまして、
誠にありがとうございます。
ボトムから70~80回のジャークを繰り返す中でも、
この633Sがその負担を軽減してくれるというアドバンテージは、
体力はもちろんのこと、集中力も高くキープさせてくれます。
それでいて魚が掛かればバラしにくく、しっかりと曲がり復元する力で浮かせてくる・・・と、
今回のレポートは、まさにそのポテンシャルをわかりやすくイメージさせて下さいます。
また是非とも更なるサイズアップを狙ってこのギャラハドで
釣行して頂ければ有難い限りでございます。
次回の釣果ご報告をスタッフ一同楽しみにお待ち致しております。