REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » トラウト・メバル・シーバス BlueCurrentⅢ 711

トラウト・メバル・シーバス BlueCurrentⅢ 711

 

新潟県にお住まいの猪俣様より頂戴致しておりました

釣果レポートをご紹介させて頂きます。


 

購入目的は、7割トラウト・3割をライトゲームで考えました。

トラウトについては本来はルーパス71か77が本命でしたが、

中々手に入らないので、ブルカレⅢ711の購入を決断しました。

現在は、ストレス無く思い通りの釣りが楽しめています。

使用しているフィールドと特徴は以下の2ケ所です。

 

福島県の[猪苗代湖]※遠浅の砂地湖。

・サーフがメインのポイント。

・遠投が必要。

・スプーンのただ巻きが中心。

・ミノーのトゥイッチなどは行わない。

 

福島県の[田子倉湖]※人造湖(リザーバー)。

・斜面を降りてガレ場でのキャスティング。

・バックスペース無し。

・近距離キャストが多い。

・スプーンのただ巻きが中心。

・ミノーのトゥイッチなどは行わない。

 

取り回しが良い7ft台のレングスで、遠投可能なブランクスが、

2つの湖で兼用するロッドとして理想です。

 

ブルカレⅢ74→人気があるのか在庫が直ぐに無くなる。

ブルカレⅢ76→スプーンのただ巻きには少し硬いかなと…。

上記2つも購入理由です。

 

ラインはナイロンの8lbがメインです。

トラウトでPEは使いません。

今回のイワナはPEで釣っていますが、使用感を比べていた時のヒットでしたので、

たまたまPEになりました。

ブルカレⅢ711は、ナイロンラインを使用してスプーンのただ巻きで釣ると、

泳ぎの振動をティップが繊細に伝えてくれます。

これがかなり重要で、ティップが振動する事で、トラウトのチェイスを教えてくれます。

スプーンはメトロノームの様に一定で泳ぐので、ティップ振動も一定です。

振動が止まった時や抵抗が軽くなった時は、トラウトがチェイスしています。

これを感じ取れるバランスは、凄く気に入っています。

キャストするスプーンは7g~12gがメインで、フルキャストで最も心地よく振り抜けます。

18gまでキャスト可能と感じていますが、少しロッドが負けている感があります。

ベリーからバットがしっかりしているので、比重の重いスプーンでもキャストフィールは凄く良い感じです。

軽量ジグヘッドの遠投をコンセプトにしているので、ブランクスのしなやかさは好みです。

この曲りにナイロンラインを組合せたくなる感じがあり、購入してライトゲームでも使用しました。

送った写真のメバル・シーバスのラインは、全てナイロン8lbでトラウトのままです。

 

最大でメバル29㎝が出ていますがメバルが暴れません。かなり楽に寄せてランディングしています。

シーバスは60cmくらいでドラグが少し出るくらいのファイトでしたが、バットは余裕あります。

ロッドのしなやかさと、ナイロンの伸びが良い方向に出たと思います。

ヒットルアーは全てジップベイツ社の[クロストリガー60]です。

小型のシンペンですが飛距離は十分です。

 


猪俣様、いつも素晴らしい釣果のご報告を頂き誠にありがとうございます。

BlueCurrentⅢ711の持つ汎用性能が如何なく発揮された釣果。

そして711の持つ特性を存分に活かしていただいた結果のご報告を頂きました事、

スタッフ一同心より感謝申し上げます。

今回のように日中はトラウト、そしてそのままメバルやシーバスと、1本で様々なターゲットと

シチュエーションをカバーして頂ければ、私共スタッフ一同も嬉しい限りでございます。

この度は誠にありがとうございました。

また次回の釣果ご報告を楽しみにお待ち致しております。