REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 【千葉県】ライトゲーム BlueCurrentⅢ 510

【千葉県】ライトゲーム BlueCurrentⅢ 510

千葉県在住の平野様より、釣果報告を頂きましたので皆様へご紹介いたします。

 


 

ブルーカレントⅢ 510を使用した、通年のレポートになります。

 

初代72tiで惚れ込んだブルーカレントシリーズ。

さらにライト指向な釣りのために、出たばかりだったブルーカレントⅢ 510を導入しました。

 

今年は渓流のシンキングミノーやスプーンを海で使う試みに興じておりまして、高速トゥイッチやただ巻きなどあらゆる手段を試行錯誤する過程で、ブルーカレント510のオールマイティさは大きな助けになりました。

 

 

渓流ミノーイングのひとつの目標だったショゴがヒットした際も頼もしいほどに粘るバットの底力は、アジングで豆アジと楽しくやりとりしていた同じロッドとは思えません。

 

 

 

この守備範囲の広さこそ、ブルーカレントシリーズの醍醐味なのでしょう。

具体的なターゲットを決めず、現地であれこれ調整しながらその日の釣りを組み立てていくファジーなスタイルにも実にマッチしてくれました。

 

今後もこの竿を相棒に、思いついた事を片っ端から試していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

ロッド・ブルーカレントⅢ 510

リール・16セルテート1003

ルアー・トラウト系ルアー

ライン・PE 0.3号

 


 

この度は、素晴らしい釣果ご報告頂きまして誠に有難う御座います。

 

ブルーカレントⅢ 510のの特性を活かして頂き、現地での状況やターゲットに合わせた様々なメソッドを駆使して釣りを組み立てる平野様のスタイルにマッチするとの有難いお言葉と、今回頂いたレポートで渓流ルアーを使用して様々な魚種をお楽しみ頂いていらっしゃるご様子をお伺い出来、スタッフ一同大変嬉しい限りで御座います。

その中で目標とされておられましたショゴのキャッチ、本当におめでとうございます。

バイトからキャッチに至るまでがアグレッシブなターゲットなだけあり、ファイトはスリリングだったかと存じます。

これからも引き続き様々な平野様のインスピーレーションで様々なメソッドをブルーカレントⅢ510でお試し頂き、沢山の魚との出会いと思い出を積み重ねて頂けますと幸いです。

平野様、またの釣果報告スタッフ一同心より楽しみにしております。