REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 【三重県】アジング BlueCurrent57TZ NANO Professor&74Ⅱ

【三重県】アジング BlueCurrent57TZ NANO Professor&74Ⅱ

YAMAGA Blanksユーザーの平田様より、
BlueCurrentシリーズをご使用いただいての
釣果ご報告を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


久々の投稿になります。
先日、アジングにて貴社製品を使用して楽しい時間を
過ごさせて頂いたので報告させて頂きます。

 


11/28冬アジング調査に行って来ました。
先ず初めに入ったポイントは満員御礼
2箇所目のポイントで海面の視察をしているとシラスベイトが‥しばらくして「パチャ」
最後のポイントで確認と調査を兼ねBC57TZ/NANO PROFESSORを準備しジグ単1gから開始
数回バイトはあるが乗らず‥マッチTheベイト?と思いワーム色と0.8gに替え近距離戦で勝負
居食いの「モゾっ」としたバイトも明確に伝え近距離戦の軽量ジグ単はもちもんの事、各ジグ単の操作感、
飛距離すべてにおいてストレスなく使用でき、なにより負荷に追従するブランクスが気持ちいいぐらい
曲がる為、キャストからランディングまでの一連が楽しくお気に入りです。

12/19年内最後のアジング行ってきました。
この日は終日風速7・8m の東の風の予報でしたので「BC74Ⅱ」を使用したゲームプランを立て、
上げ潮の夕マズメからのスタートしました。
一箇所目は追風の外洋に面したポイントでフロート/プラグ/ジグを使用した回遊狙いでしたが反応なし、
風を考慮したポイントを数カ所周り最後のポイントは立ち位置から左からの風で下げ潮に。

この様な状況下で「BC74Ⅱ」のレングスを活かしジグ単2gからスタート。
風でラインが煽られても長さ活かしラインをコントロールしながら、
しなやかなティップのお陰でバイトの合わせ遅れもカバーしてくれ
サイズは出ないものの数が釣れて楽しい釣行になりました。

 

①タックルデータ
ロッド:BC57TZ/NANO PROFESSOR
リール:ヴァンキッシュ1000PGSSS
ライン:エステル0.25号
リーダー:海藻ハリス0.8号
リグ:ジグ単0.8g〜1.2g

②タックルデータ
ロッド:BC74Ⅱ
リール:ストラディックC2000
ライン:PE0.3号
リーダー:フロロ1.5号/海藻ハリス0.8号
リグ:フロート/プラグ/ジグ/ジグ単1.5~2g


 

平田様、この度はBlueCurrentシリーズをご使用頂いての
釣果ご報告を頂き、誠にありがとうございます。

状況に応じて2機種のBlueCurrentを使い分けて頂き、
その特性を存分に引き出して頂きながらの釣果。
しかもなかなか厳しい状況下でも、これだけの数を
上げていらっしゃるご様子をうかがい、私どもスタッフ
一同も大変嬉しい限りでございます。

今後とも引き続き、末永く弊社商品をご愛用頂ければと存じます。

また次回の釣果ご報告をスタッフ一同楽しみにお待ち致しております。