REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Sea Walk Light-Jigging » 【三重県】アカハタ・オオモンハタ SeaWalk Lighit-Jigging 64ML SpinningModel

【三重県】アカハタ・オオモンハタ SeaWalk Lighit-Jigging 64ML SpinningModel

YAMAGA Blanksユーザーの奥田様より釣果ご報告を頂きましたので皆様へ

ご紹介致します。

 


三重県南伊勢町での釣果報告です

 

すっかり朝の冷え込みが厳しくなったこの日は日の出と共にティップランエギングに出かけた。

しかしながら、かすかなアタリはあるもののしっかりと抱いてくれない。潮の流れも非常に悪く

全く良い釣果がでなかった。

 

船長が根魚に変えようかとの指示で急遽アカハタ・オオモンハタ狙いに変える事になった。

ここで非常に使い勝手が良いのがsea walk light jigging 64ml spinning modelだ。

とにかく守備範囲が広い!メインの竿+この一本があれば、ほぼほぼカバーできてしまう。

 

船長や海の気分次第での急遽ランダム場所変更にも安心して頼れる一本となってくれる。

 

場所を変更するも中々根魚にもアタリがなく、他の皆は困った時の餌頼みの海老に変えるも反応がない。

 

自分は広範囲で探るべく、スイミングテンヤにエコギア、バルト4インチ赤金で根や瀬に

キャストを繰り返すと、ググッとした重みがあり何とかアカハタをゲットする事ができた

この後1匹を追加し合計2匹となりオオモンハタのポイントに変更した。

 

オオモンハタのポイントでも手応えは悪く・・・餌部隊にもアタリはない。

オオモンハタはベイトを追いかけている事が多いので、キャストでボトムを取り

ある程度の早巻きを繰り返すと、ひったくる用なアタリがあった。アカハタとは違い力強い引きを

楽しませてくれる。根に潜られない用に一気に引き上げ、見事にオオモンハタをゲットする事ができた。

丁度ここで納竿となった。

 

潮流の速いエリアに深場でのタイラバや根回りをキャストなど、色々な場所を攻める事が考えられる場合、Seawalk light- jigging 64ml spinning modelは非常に頼りになる頼もしい一本になってくれる。

 

 

 

 

ロッド sea walk light jigging 64ml spinning model

リール 20ツインパワーC3000XG

ライン シマノ ピットブル8+PE1号トレーサブルピンク

リーダー サンヨーナイロン GT-Rピンク20lb

フック スイミングテンヤ30グラム エコギア バルト4インチ赤金

 

 

 

 

 


 

この度は、素晴らしい釣果レポート頂きまして誠に有難う御座います。

SeaWalk Light jigging 64MLの本来のコンセプトはタングステンジグを用いたライトジギングモデルとなりますが、ライトジギング以外にも状況に応じてターゲットやメソッドを選ばない汎用性能と適応性能がレポート中にも御座いましたように出船後に海の状況やターゲットで釣行プランが変わったりする状況で活躍しますので1本あると本当に色々と楽しめ重宝できるロッドとなっておりますことを、今回の奥田様のレポートからも実証できたかと存じます。

奥田様、またの釣果レポートをスタッフ一同心よりお待ちしております。