STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » Galahad 電動シリーズ 633B 電 & 586B電

Galahad 電動シリーズ 633B 電 & 586B電

2015年の発売以来、多くの支持を戴いております

Galahad 624B電に、待望の追加機種が2017年、遂に発売となります。

624Bを基本として、ライトモデル・633Bヘビーモデル・586Bを投入します。

そこで画像を交え、この追加2機種についてご紹介させていただきたいと思います。

 

まずは電動ジギングについて少し・・・

電動ジギングは、その名の通り電動リールを使用したジギングゲームですが、

その利点についていくつか挙げてみたいと思います。

1、電動リールの特性上の利点

電動リールはヒットしたときの条件を正確にデジタルで表示してくれます。

「早巻き」「スローテンポ」というヒット時の情報を即座に反映し、

その日の傾向を探り出しやすくなります。

電動リールは巻き上げスピードの調整が正確にできることから、

ヒット時の巻上げ速度を共有する事で、より正確な情報を共有することが可能となり

魚種に合わせた最適なアプローチが、速度選択によってできるようになり、

高い精度で釣果に結び付けることができます。

電動リール 2

また水深の情報がカウンターによって正確に把握可能となる為、

何mラインを流し、何mまで巻き上げたところでヒットした・・という正確な情報が得られます。

つまり電動リールの情報と魚探の情報を総合し、

海中の情報をより詳細に伺い知る事が可能となるわけです。

これらの情報を集約して、

ヒットパターン掌握、

魚の活性と傾向、

魚の移動範囲、

レンジ範囲の把握・・・

と、いうような「釣る」為の戦略を、より理論的に組み上げていく事ができます。

 

2電動リール使用によるアクション時の利点

電動リール使用時は、ハンドルに手を添える必要はないので、

両手でロッドを持ち、ジャーキングが可能となる為、

アングラーの負担は大幅に軽減されるとともに、

多彩なジャークバリエーションで誘いかけることができます。

通常のリールでのワンピッチジャークがまだ不慣れなジギング初心者の方でも

快適なジャークが可能となります。

電動 

また、人間の手では不可能な超高速巻上げ+高速ジャークの組み合わせや、

リーリング中にロッドをS字に動かす複雑なジャークアクション可能となります。

これはすなわちアングラーのフィジカル面での負担軽減してジャークに集中し、

より積極的で多彩な攻めが出来るという事です。

 

それでは 633B電動をご紹介致します。

このモデルは現行624B 電 のライトバージョンとして位置づけられ、

メインのターゲットをワラサ・ヒラゴ・サゴシ等の小型青物に設定してあります。

ジグウェイトMax150g、PE3号MAXの、非常に軽快でマイルドな使用感が特徴です。

ジグを落とし込み、電動リールによるアクション入力時から、

ティップセクションは非常にしなやかに入り込みます。

そしてその荷重はベリーへとスムースに移行し、

電動リールによる力強くコンスタントなリーリングに対して、

しっかりと同調し追従するブランクに仕上がっています。

電動ジギング専用に開発されたこのシリーズ全てに注ぎ込まれた特徴の一つとして、

向こうアワセが多い電動ジギングに於ける、バイトの弾きを減らす為ティップ部は適度に張りを落とし、

不意に掛かる予想外の大型青物にも、懐深く対応する為、バット部には粘りあるパワーを搭載しています。

 

DSC_0113

 

そしてメインターゲットとなる小型の青物は、

ヒラゴは~3kg強程度、ヤズは~5kg程度、ネリゴは~3kg程度で、

それらの走りに対して心地良いベンドカーブを描くティップからベリーに相反し、

安心感を持ってファイトできる粘りあるバットパワー

潮の微妙な変化や、ショートバイトを拾うその高感度性能は、

ティップ部分の繊細さと絶妙な柔軟性とリンクすることにより、

更なる釣果をもたらしてくれます。

魚の躍動感をダイレクトに伝えてくれるそのしなやかなブランクは、

ライトジギングの醍醐味を存分に味わう為の要素をしっかりと備えています。

 

 

続いて586B電について。

シリーズ最強のパワーモデルとしてデザインされ、

5kg以上の青物をメインターゲットとした、624B電のパワーバージョン。

基本的なコンセプトは他の2機種と変わらず、全体的なパワーをあげて、

より水深があるエリア、

潮流の速いエリア、

手強い大物が潜むエリア などなど、

アングラーにとって信頼できるタックルが必要となってくる

シチュエーションにおいて、心強い味方となります。

MAX350gのジグを操る、その強靭なブランクには633B、624Bに共通する

ティップからベリーにかけての柔軟性を備えております。

それにより、力強く断続的な電動リールの巻上げにもしっかりと呼応していく追従性が生まれ、

スムースなパワー移行がブランクの各セクションに於いて、滞ることなく行われます。

電動リールの恩恵は勿論のこと、これだけのパワーロッドにもかかわらず、

そのバランスの良さから、アングラーのフィジカル面での負担は、驚くほどに軽減されます。

DSC_0114

DSC_0176

 

ジグを必要以上にジグを暴れさせる事なく、

スムースなアクションを入力することが出来るよう

ブランク全体をしっかりと練り込んだ、電動ロッド3機種

 

3機種それぞれの個性に応じたフィールドとターゲットで、

それらのポテンシャルはフルに発揮され、

「曲げて獲る」楽しみを存分に味わえるシリーズに仕上がっております。

こちらの動画でさらにイメージを膨らませて頂ければ幸いです!!