STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » BlueSniper ShoreCasting 長崎平戸沖磯

BlueSniper ShoreCasting 長崎平戸沖磯

長崎ロックショア青物ゲーム!! フィールドスタッフ冨田

 

苦戦していたヒラマサゲームでしたが、昨年末よりようやく活性が上がって来ました。
私のメインフィールドは長崎平戸を中心に地磯から沖磯まで駆けずりまわり、シャローありバーチカルのドン深ありの変化に富んだ飽きが来ないフィールドです。したがって、ファーストコンタクトからとても気を使い、負のローテーションに陥らないようにゲームを組み立てます。

あらゆる状況に対応する為のロッドチョイスも大切な要素で特に不意のビッグワンに備え現在はブルースナイパー106PSとブルースナイパー95Hジグスペシャルを選択しています。トップゲームとショアジグゲームに特化したロッドですが、キャストからフッキング、更にファイト時におけるロッドパワー、なによりもジグ操作やプラグ操作は群を抜いており安心して使用出来るロッドですね。

特に沖磯は足場が高いのでダイビングペンシルを操作する時のジャークアングルが難しい足場が高い磯には106というレングスがアドバンテージとなります。また、ダイビングペンシルが飛び出さない適度な水深をキープし、使用するプラグの性能を最大限に引き出してくれます。

冨106 1

冨106 2

冨106 3

また水深のある沖目を狙う時はブルースナイパー95Hジグスペシャルを使用します。特に流れの速い時には150グラムをフルキャストしますので頼れるショアジグロッドと言えるでしょう。1日フルにジャークするショアジグロッドとしての95というレングスも味方になってくれます。釣果ですが、ヒラマサの9キロを筆頭に数釣りを楽しんでいますが最近は残念ながら落ち着いている状況です。今後もショアゲームで10キロアップを目指して釣行したいと思います。

冨95 1

冨95 2

【プラグタックル】

ロッド:BlueSniper 106PS

リール:ソルティガ4500

ライン:YGK PE4号

リーダー:YGK ナイロン80lb(2ヒロ)

ルアー:ダイビングペンシル180mm

 

【ジグタックル】

ロッド:BlueSniper 95H JigSpecial

リール:ソルティガ4000

ライン:YGK PE3号

リーダー:YGK フロロ60lb

ジグ:85g~150g