STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » 北海道遠征釣行。Sea Walk Light Jiggingを使用したオフショア編。

北海道遠征釣行。Sea Walk Light Jiggingを使用したオフショア編。

2018.06.11~16までの日程で北海道遠征に行ってまいりました。

メンバーは、スタッフ中宮と私の2名。

釣行内容としては、本来は積丹半島近海にて、ブリを狙ったオフショアジギングをメインに予定していましたが、私達が九州から北海道に向かうと同時に台風も連れて行くといった状況で、一緒に北上してきた低気圧の影響により、悪天候と時化で出船可能の日が釣行初日の半日となり、大半はショアでの釣行となる遠征でした。

更に本来であれば積丹半島近海は、例年6月頃はブリの北上の走り~若しくは最盛期という所ですが、今年は過去数年の中でも特に遅れているようで、メインに準備してきたGalahadのPE2号~4号タックルから、サブとして準備した新製品のSea Walk Light Jiggingシリーズに持ち替え、ソイ系の根魚にホッケ、タラ等を狙いました。

今回お世話になったのは、積丹半島の来岸より出船するMARI Ⅱ。

 

船長は小山氏。

北海道を拠点としたジグメーカーAK craftの代表でもあり、シーズンになれば青森のマグロ船の船長も務め、他にもショアはもちろんの事フレシュウォーターも含めた様々な釣りに精通し、とても頼りになる船長であり遠征期間中はショアの釣行も含め、お忙しい中、終始サポートを頂きました。

いざ実釣開始。最初のポイントは水深60m~40m程の等深線に変化のあるエリアや瀬回りを根魚と一緒に、いつ始まるか分からないシーズン走りのブリの群れを期待しながらドテラ流しで狙っていきます。

するとここで、スタッフ中宮にヒット!

シマゾイというソイの仲間で、九州ではまず見れない魚種でもあり北海道でのファーストフィッシュでもあるので嬉しい一匹でした。

 

ロッドは、Sea Walk Light Jigging 64ML スピニングモデル。

 

続いて私にもヒット。

ロッドはSeaWalk Light Jigging 65Mベイトモデル。

初めて釣る魚種なので、嬉しい魚です。

 

乗り合いの常連の方々もポツポツと根魚をキャッチし、大幅に移動しホッケ狙いに変更。
水深は100m前後でパラシュートアンカーで流します。この時点で雨も強くなり、北寄りの冷たい風も吹き始めて来ました。

 

 

ホッケ狙いは、流していく中でスクールに当たれば、比較的イージーにヒットする状況です。

 

その中でサイズや数を狙ったり、若干のレンジの違いを探ったりと上げのアクションが良いのか、フォールが良いのかとイメージしながら釣りをやって行くのがとても楽しく、ジギング全般に言える事ですが自分のイメージどおりにジグを操作し、魚が針に掛かればとても嬉しいものですね。

 

タックル的にもマッチし、ゲーム性も高く楽しめます。そして食べて美味しい好ターゲットです。

 

 

常連の方々もホッケやカジカに小型のタラ等を釣られてました。

 

小山船長にもSea Walk Light Jigging 65Mベイトモデルをモニター的に使用して頂き、多彩なジャークを用いて次々と掛けておりました。

 

 

MARI Ⅱのスタイルとして根魚やホッケの小型の大半はリリースし、そこそこの型物を必要分のみキープ。

満足出来る程の釣果も出て、楽しい時間も束の間、風と波が共に強くなりお昼過ぎには撤収となりました。

 

今回、私達がメインに使用したタックルは、Sea Walk Light Jigging 64MLスピニングモデルと、同66MLベイトモデル。PEライン号数も、1号~1.2号を使用しジグもタングステンの80g~120gまでを使用。
今回の北海道でのオフショア釣行はブリジギングのサブタックルとして準備し、持ち込みましたが結果的にメインタックルとなり大活躍となりました。

状況としては水深100m前後をパラシュートアンカー流し。潮は上潮も底潮と共に素直な潮という事もありましたが、船上は乗り合いで合計6名、使用ライン号数にジグウェイトも様々で両舷で3名ずつに分かれてシャクってましたが、今回はお互いにライン絡みもほぼ無く釣りが出来ました。
基本的な事ではありますが、ジギング船に乗り合い等でライトラインを使用するタックルをサブとして持ち込む際は、その日の出船する釣行内容と船長や同船者とのコミュニケーションや配慮を心掛けた上で楽しむ事も重要かと思いました。

今回のオフショア釣行は、九州の海をメインにテストを繰り返してきた新製品のSea Walk Light Jiggingシリーズを北海道の海で使用し、初めての魚種を釣らせて頂き貴重な経験をさせて頂くことができました。

 

使用タックル

中宮

ロッド:Sea Walk Lighit Jigging  64ML spinning model

リール:シマノ TP XD 3000HG

ライン:PE1号

リーダー:フロロカーボン5号

ジグ:タングステンジグ80g~120g各種

藤川

ロッド:Sea Walk Lighit Jigging  66ML bait model

リール:シマノ オシアコンクエスト200PG

ライン:PE0.8号

リーダー:フロロカーボン5号

ジグ:タングステンジグ80g~120g各種

小山船長

ロッド:Sea Walk Lighit Jigging  65M bait model

リール:シマノ オシアコンクエスト300HG

ライン:PE1.2号

リーダー:フロロカーボン5号

ジグ:Ak Craft 100g~150gジグ各種