STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート。Calista 86M TZ/NANO 北海道のヤリイカエギング。  

フィールドスタッフレポート。Calista 86M TZ/NANO 北海道のヤリイカエギング。  

北海道のフィールドスタッフの齋藤氏より、Calista 86M TZ/NANOを使用した北海道での

ヤリイカエギングの釣行レポートをお伝えいたします。

以下、齋藤氏のレポートです。

 


 

北海道のヤリイカエギングレポート

 

私がこのヤリイカエギングでCalista 86M TZ/NANOを使用するのは、軽くシャープな使用感で、感度も高くヤリイカのアタリもしっかり取りやすい点に加え、磯場で使用する際に使用頻度の高い3号クラスのエギを楽にキャスト出来、且つ軽い力でしっかりとダートさせられる操作性の高さからこのモデルを使用しております。

 

 

実釣

この日は、堤防先端部で潮も効いている状況でしたが、イカは少なくさらにスレているシビアな状況の中、2.5号とシルエットを小さくしアクションもしゃくり過ぎず、ティップで跳ねさせる程度のアクションで優しく誘い釣果を得ることが出来ました。

 

 

 

磯場の岩盤ポイントでは、潮が普段ほど流れておらず、イカの数も薄い状況でしたので2.2号~3号を使用し、なるべくイカにエギの存在を気づかせるイメージで釣りを展開し

釣果を得ました。

 

 

 

現在のヤリイカのサイズ的な面ではオーバースペックな部分はありますが、今後は春にかけてサイズも大型化していく為、このモデルが丁度良くなって参ります。

 

使用タックル

ロッド: Calista 86M TZ NANO
リール :イグジスト ハイパーカスタム2508
ライン: G-soul オードラゴン 0.8号
リーダー :シーガー プレミアムマックス 1.75号