STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » コラム » 釣行記 » フィールドスタッフレポート 富山湾 太刀魚ジギング。Sea Walk Lighit Jigging 64ML

フィールドスタッフレポート 富山湾 太刀魚ジギング。Sea Walk Lighit Jigging 64ML

石川県在住の八田氏より、Sea Walk Light-Jigging 64MLを使用した太刀魚ジギングのレポートを頂きましたので、

ご紹介いたします。

 

以下、八田氏のレポートです。

 

———————————————————————————

 

富山湾のタチウオは10月~12月が脂も乗って美味しい時期ですので、この時期に遊漁もメインで釣り物にしています。

 

 

 

 

富山湾内は急深な海底地形ですが、湾内に注ぐ河川の河口は比較的浅い砂州になっており、そこの太刀魚が付きます。

 

タナは、夜間の釣りで水深35~60m、日中で80~120mです。

 

船のスタイルによって、流し釣りをする船とアンカーを降ろして釣る船が有り、使用するジグの重さは水深や船の操船方法によって80~200gクラスを使い分けます。

アクションはSea Walk Light-Jigging の場合、LからMLクラスが最も使い易いアクションになります。

 

 

 

比較的マイルドなアクションですので、スローピッチジャークのようにジャーク幅を変えて比較的ゆっくりとしたジャークを繰り返してバイトを誘うのが有効です。
タックルデータ

ベイトタックル
ロッド:B66ML
リール:ダイワ シーボーグ 200J
ライン: 0.8号
リーダー:フロロ4号

スピニングタックル
ロッド:S64ML
リール:シマノ ツインパワーXD C3000HG
ライン:0.8号
リーダー:フロロ 4号