STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » フィールドスタッフ レポート 秋田県男鹿半島沖 ライトジギング 

フィールドスタッフ レポート 秋田県男鹿半島沖 ライトジギング 

%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b1%e3%80%800916%e3%80%80

ジグが受ける潮の抵抗を感じながらリーリングしていると “ガッ、ガッ、ガン” 手に来る衝撃。


すかさずフッキングを入れると勢いよく魚は走り出しました。


時折魚が首を振ってロッドが叩かれる。きつめに設定したドラグは止まらない。


釣り人と魚の真剣勝負の行方は…





皆さん、こんにちは。フィールドスタッフの天野です。


今回は、秋田県男鹿半島沖のライトジギング釣行のレポートをお送りいたします。


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b2%e3%80%800916


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b3%e3%80%800916


今シーズン、すでに二回ライトジギング釣行に繰り出しておりますが、結果はカブラを駆使して良型の真鯛を二枚キャッチ。今回も期待に胸膨らませ友人と共に釣行へ向かいました。


今回も男鹿加茂地区の遊漁船、政運丸さんにお世話になり男鹿沖へ。南磯の潮瀬沖から加茂地区の沖、40~60mまでが今回釣りをしたエリアになります。


さて、ポイントに到着し各々ジグまたはカブラを投入。秋田の船の流し方はドテラ流しなので、船の流れ方がキーになりますが…


風と潮の流れが喧嘩してラインが膨らんで入っていきます。これはよろしくないパターン。


このような時は、細いラインに素早く落ちるジグ、キャストしてラインに角度をつけたいのでスピニングタックルが理想です。


そこで、今回のメインタックルはロッド:シーウォーク タイジギングSWTJ-75ML リール:ツインパワー2500HG ライン:PE0.6号、これにTGベイト80gをセット。


キャストし着底を感じたら素早くラインスラッグとりスローに巻き上げます。


このような釣り方で各ポイントを回りついに!!


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b4%e3%80%800916


魚が首を振ってロッドが叩かれ、きつめに設定したドラグは止まらない。


ものすごい手ごたえに私はデカ真鯛と確信しアドレナリン全開!!


しかし、“フッ…” ラインテンションが抜けた!?


「あぁーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」


無念のフックアウト… 船上と言う戦場に響き渡る悲鳴。 


これも釣り。魚の方が一枚上手だったようです。


しかし、パターンが分かればこっちのもの。丁寧に巻き上げアタリに集中し釣りを続けると、友人の加藤君にヒット!!


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b5%e3%80%800916


ファイト中「ヤッベー!!楽しぃー!!」と連呼しておりました。


写真で分かると思いますが、ロッドがしなやかで綺麗に曲がるので“釣り味”も最高です。


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b6%e3%80%800916


めでたくシーウォーク タイジギ入魂、おめでとう!!


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b7%e3%80%800916


そして、私も立て続けにヒット。


手ごたえ的には先ほどの魚には及びませんが、ロッドの弾力を活かし慎重に巻き上げます。


上がってきた魚体は真鯛、船長にネットインしてもらい。


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b8%e3%80%800916

やった!!シーウォーク タイジギで本命ゲットです。


この後は反応なく波も高くなってきたので終了となりましたが、タイジギング・メッソッドが確実に男鹿沖のライトジギングシーンの楽しみ方を広げてくれるのではないかと思いました。


%e5%a4%a9%e9%87%8e%e3%80%80%e9%af%9b9%e3%80%800916


これからもシーウォーク タイジギングモデルを駆使して男鹿のデカ真鯛を追い掛けたいと思います。


タイジギ用
ロッド:シーウォーク タイジギングSWTJ-75ML 
リール:ツインパワー2500HG 
ライン:PE0.6号にリーダーフロロカーボン4号
ルアー:TGベイト60~80g


カブラ用
ロッド:シーウォーク サーべリングSWS-63UL
リール:メタニウム ギア比ノーマル
ライン:PE0.8号にリーダーフロロカーボン4号
ルアー:カブラ45g~90g


※細軸の針を使うため、ロッドはバットからしなやかなサーベリングモデルを使用。