STAFF BLOG

HOME » STAFF BLOG » お知らせ » ロッド&釣法説明 » アーバンスタイルの神戸エリアシーバスゲーム / EARLY Plus 81M

アーバンスタイルの神戸エリアシーバスゲーム / EARLY Plus 81M

フィールドスタッフの木村です。

今回は神戸エリアのシーバスのレポートをお送りします。

 

この時期の神戸港は様々なベイトでフィッシュイーターの活性が上がります。

その中でも比較的大型の個体が狙いやすいマイワシに付いているシーバスは地元アングラーにも

人気で連日夜な夜な徘徊するアングラーが寝不足と奮闘しながらも足繁く通っています。

もちろん自分もその内の一人です。

 

 

 

 

 

今回セレクトしたロッドはEARLY Plus 81M。

 

 

このEARLY Plus 81Mの特性として、ティップからバットまでパツンとした全体的に張りの強い

調子であり、ワインド系のリグはもちろんですが、今回のような小場所で比較的大きめのミノー

を扱う際にも取り回しも振り抜け感も良く、高弾性のブランクを活かし小さなバイトも掛けに

行く攻撃的なロッドでもあります。

 

キャストの際にはリリースポイントを少し早めにしてあげると飛距離も精度も上がります。

 

 

 

最近開拓中のポイントに入るといつもはいるはずのベイトが居ないので諦めかけましたが、

シーバスは目視出来たのでルアーをキャスト。

 

 

 

数投目にモゾっと優しい吸い込むようなバイト!

 

 

 

掛けてからは適度なテンションでキレイなベントカーブを描き、魚の寄りも早く難なくネットイン。

ランカーには届きませんがそれを彷彿させる程のメタボリックな魚体でした。

 

 

その後しばし粘ってみるもそれ以降反応がない為納竿としました。

 

 

ストラクチャーや流れの寄れにピンポイントでルアーを送り込めるこの81Mのアキュラシー性能の

高さを改めて実感しました。小場所での大型ベイトパターンに是非お勧めいたします。

 

 

Rod:EARLY Plus 81M Wind

Reel:LUVIAS2506H

Line:G-soul X8 #0.8

Lure:BAYSQUAD128F、セットアッパー125SDR、RUDRA130SPなど