REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » Blue Current 71 Baitを使用した梅雨のメバルゲーム。

Blue Current 71 Baitを使用した梅雨のメバルゲーム。

石川県輪島市のプロショップ。シークレット谷内口様より、お客様の釣果レポートを頂きましたので

皆様へご紹介致します。

以下、シークレットのお客様である中谷様のレポートです。

 

————————————————————————————————–

 

6月に入ってから梅雨らしい天候ではないせいか、釣果の方はいまいちな状況でしたがいつもの場所とは違うポイントで釣りを開始。
ここは手前が水深50cm位で沈み根やテトラが岸から4mほどありそこから水深が2~3m位あり、その先は永遠と砂地が続き狙うとするとブレイク沿いか沈み根の上を通す狙い方しかできないようなポイント。
スピニングでは捕れる確率が低いと思い、ブルーカレント71ベイトロッドを使い自作の3gJHを根がからないように丁寧に探るとゴツンとひったくるような当りが、ドラグはフルロック状態でラインはPE0.6号でリーダーは8lbなので強引にやり取りができ一気に抜きあげました。

 

 

それから少し移動しなから同じようなサイズを釣り、この日の釣行はリグのロストもなく楽しい釣行となりました。

 

 

今回の釣行は、ベイトロッドならではの攻め方ができたのではないかと思います。
ベイトロッドならではの、リグが着水してリールのクラッチをフリーにした状態のフォールは、スピニングではないフォールスピードに反応してくる魚が多いことにベイトロッドを使い始めてわかってきました。

圧倒的な手返しの多さやキャストアキュラシー、スピニングでは操作しずらい太いラインで軽いリグを操作でき、魚をかけてからもベイトロッド特有のリフト力を使いスピニングロッドよりも余裕を持ったやり取りができたと思います。

 

 

 

タックルデーター
ロッド:ブルーカレント71ベイト
リール:スコーピオンBFS
ライン:G-soul x8 Upgeade PE 0.6号
リーダー:8lb

 

 


梅雨メバルの、素晴らしい釣果報告誠に有難う御座います。

スピニングタックルとは一味違ったベイトタックルならではの利点を活かした攻略法、

大変参考になります。

また、輪島市にありますシークレット様は、ショアにオフショアと様々な釣りに精通したプロショップでありオーナーの谷内口氏が親切に対応して下さいますので、お近くに行かれた際には是非お気軽にお立ち寄りください。

 

またの釣果報告スタッフ一同楽しみにお待ちしております。