REPORT

HOME » REPORT » Boat-Jigging » Sea Walk Light-Jigging » Sea Walk TaiRubber /Light Jiggingシリーズを使用した熊本・天草エリアでのタイラバゲーム。

Sea Walk TaiRubber /Light Jiggingシリーズを使用した熊本・天草エリアでのタイラバゲーム。

熊本在住の本武様より、Sea Walk Tai Rubber /Light  Jiggingシリーズを使用した熊本・天草エリアでのタイラバゲームの釣果レポートを頂きましたので、

皆様へご紹介いたします。

以下、本武様のレポートです。

 


 

台風19号、20号と連続して接近する中、第7回釣遊会を8月19日(日)、20(月)に天草市新和町中田港付近から出航し、八代海の産島と長島でタイラバゲームを開催しました。
参加者10名でお揃いのTシャツを着て、豊栄丸とつりたか丸の2隻に乗船し、いざ出発!

 

 

各々自分の好みのロッド(シーウォークタイラバ60ML・68L・68ML、New modelシーウォークライトジギングB66ML)、リール(シマノ オシアコンクエスト200HG他)、PEライン0.8~1.2を使用して緊張の一投目。

 

 

水深60m前後を探り、スローで巻き上げてボトム~10回転ぐらいでアタリが出るパターンが多かったのですが、小鯛が多く、メンバーも悪戦苦闘。

 

 

 

そんな中、水面にナブラが沸いたその時!

ボトムから3回転巻いたあたりで、ロッドが強烈に曲がり、ラインが出ていきます。これは、間違えなく大物の予感。

しかし、余裕、余裕!このシーウォークタイラバもNew modelシーウォークライトジギングB66MLも繊細さとパワーを兼ね備え、深場における80cmオーバーの大鯛に的を絞ったランカー使用なのです。

 

その他にも80cmのブリを筆頭に77cm・72cmのブリと62cm・64cmの真鯛を釣り上げ、メンバー全員が笑顔で第7回釣遊会を終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

毎度、素晴らしい釣果報告有難う御座います。

職場の皆様での釣り大会の模様とのことで、とても楽しい釣行であった事を皆様の素晴らしい笑顔が物語っております。

また、本武様の仰られる様、Sea Walk Light-Jigging 66MLは、先調子でタングステンジグをナチュラルなスイミングアクションを演出させやすい繊細なティップを持ち合わせながらも、しっかりフッキングできるベリーに良型をしっかり浮かせてくれる安心感のあるバットをバランス良く兼ね備え、深場や潮流場での感度を重視した掛けのタイラバゲームにお奨め出来るモデルです。

またの釣果報告、スタッフ一同楽しみにお待ちしております。