REPORT

HOME » REPORT » Lupus » 高知県冬季釣り場 アマゴ Lupus61

高知県冬季釣り場 アマゴ Lupus61

愛媛県在住の木下様より、冬季釣り場にてアマゴの釣果を

ご報告頂きましたので、ご紹介させて頂きます。


どうしてもトラウトの顔が見たくて

仁淀川アマゴ冬季釣り場(高知県吾川郡いの町)に釣行してきました。

霜が降りた晴天の日、渇水傾向でアマゴの活性が低いとの

地元釣友からの連絡がありましたが、足で稼ぐ作戦で強行アタック。

水温8℃、時折チェイスはあるもののバイトが遠く午前中は8寸サイズを

ヒットさせるもキャッチには至らず一度脱川し車で移動。

お昼になり暖かい日が差してくるとアマゴの活性も上がりライズ多発、

これならルアーにも反応あるかと軽めのスプーンをキャストする。

愛竿のルーパス61は2gスプーンでも思い通りのキャストが決まる。

私のトラウトゲームではなくてはならない存在となっている。

表層を流れに乗せトレースするとひったくるバイトで嬉しいキャッチ、

その後も数匹のアマゴを手にすることができた。

 

 

タックルデータ
ロッド LUPUS 61
リール 18ステラ C2000 SHG
ライン ユニチカPE0.5号+ユニチカ フロロリーダー1.2号
ルアー スプーン2g


 

木下様、いつも釣果ご報告頂き、誠にありがとうございます。

素晴らしいアマゴ、そして渓相を拝見致しますと、

すでに春が待ち遠しくなって参ります。

この季節、日中暖かくなってから、心地良い日差しの中で

のんびりとアマゴを狙えるのは非常に貴重な場所ですね。

その様なシチュエーションで、Lupus61を軽快に操るご様子を

伺うと、私共も大変嬉しい限りでございます。

 

また来年度も木下様からのレポートを、スタッフ一同楽しみに

お待ちいたしております。