REPORT

HOME » REPORT » SeaBass & etc » Ballistick » 長崎県 ヒラスズキ Ballistick Hira 11MH TZ Nano

長崎県 ヒラスズキ Ballistick Hira 11MH TZ Nano

長崎県在住の中村様より、Ballistick Hira 11MH TZ Nano での
釣果ご報告を戴きましたので、ご紹介させて頂きます。

この日のチョイスは行き慣れた某地磯。
昼から風が吹き出し波高も高くなる短時間釣行。

一発目からミノーをサラシに流すも反応がない。
そして7cmのシンペンにサイズダウンしキャストし
ブレイク差し掛かったところでバイト!

しかしエラ洗いでバラしてしまう・・・。

ドラグ設定をきつめにしてたのが原因・・・
なかなかのサイズだっただけに悔やまれる。

次のポイントへ移動し、濁りが入っていたけど
キャストしてみると1投目からバイト!

サイズはないけど、バリヒラの「曲げて獲る」を頭に入れながら
今度は余裕のランディング!



ピッカピカの銀鱗♪
その後、別ポイントでも追加
その後、叩くも反応なし。
風が強くなってきたので安全第一で納竿としました。

そして、別日。
前日のウネリと風に期待して、波高3mの予想。

先行者がいたので、挨拶を交わし別のポイントをたたく。





たまに薄く広がるサラシを丁寧に探ると、もっそりとしたバイト。

ん?根魚?

と思ってランディングすると



ヒラ!
いつ見てもかっこいい魚だ!!

ポイント移動し水深50cmほどのシャロー帯。
キャストするとズン!重々しいバイト。

すぐに70以上は間違いないと確信。
だが瀬に潜られようもバリヒラのパワーで浮かしに入るも、引き波の力もあって、そのままキープするのがやっと。

ん!?これ!モンスター級のヒラ!?

ドラグもきつめに設定してたのに、最後のランで瀬に入られラインブレイク。

悔やまれるが、腕がない証拠。

モンスターであっても、バリヒラは簡単に主導権は渡しませんでした。

ポイントを大きく移動し、サラシを叩いていくもノーコンタクト。

沖には鳥が飛んでおり、手前まで潮目が近づいてきたのでシンペンを投入し巻いて潮目に入ると同時にバイト!
このランから確実に青物。

ランディングするとヒラマサのおでまし!


4kgほどでしたが、このクラスはバリヒラは余裕。
ナイスファイターでした♪



その後はノーコンタクトで、この日は納竿。

別日。
大寒波が襲う日本列島。
雪がちらつく中、ヒラスズキ狙いに行ってきました。北西10mオーバーに気温はマイナス1度。
地獄のような状況でしたが、サラシを見ると寒さもぶっ飛ぶ。


選んだのはシャロー帯。
このポイントでのシンペンメソッドは個人的におおまか把握してるので、ピッチが収まったと同時にキャスト。

そして、グッと入るバリヒラ。

すかさず合わせに入り50mのファイトを制しバラすことなくランディング。



本当、人を魅了する魚。

その後も同じ手法で1本追加し、違うポイントでも1本を追加。





何度も言いますが、Ballistick HIRA 11MH TZ/NANOのパワーは申し分なし。
魚をかけるたびに愛着がわいてきます。

いつかこのロッドでまだ見ぬメーターヒラを仕留めてみせます。




~タックル~ROD:バリスティックヒラ 11MH TZ/NANO(ヤマガブランクス)
REEL:ステラSW 5000HG(シマノ)
PE:SUPER X-WIRE 4 2.0号(DUEL)
リーダー:パワーリーダーFC 40lb(DUEL)
ルアー:ヘビーショット105S(DUEL)ロウディー、130F(JUMPRIZE)、コスケ110F(ima)

中村様、誠にありがとうございます。
Ballistick  Hira 11MH への愛着が伝わる、素晴らしレポートと釣果を頂き、
私共スタッフ一同も大変嬉しく存じます。
ブレイクされてしまった1本は非常に残念ではございましたが、
不意に掛かる青物にも、決して主導権を与えない懐の深さと、
ブランクに秘めるパワーポテンシャルを、
存分に引き出して頂けたかと思います。
次回また、更なるサイズアップを狙って、Ballistick Hira 11MH TZ Nanoを手に
サラシを攻めに行かれて下さい。
またのレポートをスタッフ一同心よりお待ち致しております。