REPORT

HOME » REPORT » SeaBass & etc » Ballistick » 真夏の河口シーバスin富山 Ballistick92/12EVO

真夏の河口シーバスin富山 Ballistick92/12EVO

富山県にお住まいの野本様よりシーバスの釣果報告をいただきましたので

ご紹介させていただきます。

 

 

 

〈野本様コメント〉

TZ NANOシリーズの登場で少し影が薄くなっていますが、

釣り仲間の間で「ヤバイ」と絶賛されるBallistick 92/12 EVOを

私も新たに購入、使用した感想を綴ります。

 

 

夏真っ只中の8月上旬。

気温、水温の上昇とともに、リバーシーバスに人気が集中する中、

河口側にも元気なシーバスはまだまだいるだろうと、釣りに行ってきました。

 

 

風が強かったため、風に強いシンキングペンシル(16g)を中心に組み

立てる釣りとなりました。

 

 

 

前日から吹いていた北東風(風速6-7mの)の影響で、程よい波っ気と

ルアーを引くとショアライン(流れのヨレ)の表層で跳ねるマイクロベイトが

散見されます。

 

Ballistick 92/12 EVOは柔らかめのロッドですが、向かい風でも振り抜きの

軽快性は失われずにルアーを投げられるため、集中した釣りができます。

 

 

この日は、流れのヨレの脇を狙ってキャストして、

ブレイク周辺でフォールを入れてからの巻き上げ後、

表層まで追い食いする形でバイトがあり、ヒットとなりました。

1

 

2

 

ロッドに重みが乗った後は、ロッドの追従性の高さでバラす心配なく、

シーバスの引きとロッドのテーパーを楽しみつつキャッチすることができました。

3

 

フッキングに関してですが、

シーバスの口の中ほどにしっかりとリアフックがかかっており、

Ballistick 92/12 EVOのノリの良さが発揮された釣行となりました。

 

富山県にはバチパターンがありませんが、

マイクロベイト+表層意識のシーバスに非常にマッチしたロッドだと思います。

 

 

92ML TZ NANOの発売もとても気になりますが、

Ballistick 92/12 EVOも手足の一部になるまで末永く使いたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

野本様、素晴らしいご報告誠にありがとうございます。

Ballistick 92/12EVOは張りがあり軽快なキャストフィールながらも

魚が掛かれば柔軟に追従するブランクの特性を最大限に活かした

ゲーム展開はさすがです。この暑さの中で、魚の付き場と喰わせ方を

見出す釣りは私たちにとりましても非常に勉強になります。

92/12EVOは現在は廃盤となっておりますが、今秋、後継機種にあたる

92ML TZ/NANOの発売が控えておりますので是非そちらをご検討

頂ければ幸いです。

 

STAFF マスダ