REPORT

HOME » REPORT » Boat-Casting » Bluesniper » 玄界灘 ヒラマサキャスティング Blue Sniper 80/5 

玄界灘 ヒラマサキャスティング Blue Sniper 80/5 

佐賀県在住の船津様より、玄界灘ヒラマサキャスティングの釣果レポートを頂きましたので、ご紹介いたします。

 

以下、船津様のレポートです。

 


 

 

先日、一栄丸にてヒラマサキャスティングに行ってきました。

予報では北東の風10メートルくらいの予報だったため向かい風の中での釣りも想定し、ロッドは振り抜けのいいブルースナイパー80/5をセッティング。いざ海に出ると予報通り北東の風が強く午前中は潮と風が逆で釣りにくい状況でした。そんな中でもキャストはやりやすいです。しかし魚はなかなか反応してくれませんでした。

 

午後になると風と潮が同じ方向になり釣りやすくなったのですが魚の反応がいまいちで今日は厳しいかなと思っていたところ、船長が最後に連れて行ってくれたポイントでいきなりバイト!!フッキングはしなかったものの良い反応でした。次の流しに入ると急にベイトがざわつきだしてそれにヒラマサがボイルし始めました。ボイルの中をゆっくりと丁寧にルアーを引いていると元気よくヒラマサがアタック!フッキングしたのを確認したのちにファイティングポジションをとってリフト開始。ロッドパワーですんなり寄ってきたのは9.8キロのヒラマサでした。80/5はまだまだ余力を残した状態だったので魚のサイズに正直物足りなさを感じるくらいでした。

 

 

 

逆風下でも投げやすい80/5。持った感じも軽く愛用しています。

 

 

ロッド:ブルースナイパー80/5

リール:ステラ14000XG

ライン:PE6号

リーダー:ナイロン50号

ルアー:ビリー ポッパー23センチ

 


素晴らしい釣果報告誠に有難う御座います。

ブルースナイパー80/5は全体的に反発と張りの強いブランクとなっており、船津様も仰られるように逆風下でもシャープに振り抜きやすいモデルとなっております。小口径ポッパーの操作は小さなモーションでアクションの強弱が非常に付け易く、ダイビングペンシルの操作もスラッグ調整でマニュアル感と自由度の高いものとなり、なによりキャスト・操作性をトータルした軽快さが特徴的なモデルです。

秋マサシーズン真っただ中の玄界灘。

またの釣果報告、スタッフ一同楽しみお待ちしております。