REPORT

HOME » REPORT » Light-Game » BlueCurrent » 泉南ジグ単アジング&淀川デイキビレゲーム

泉南ジグ単アジング&淀川デイキビレゲーム

大阪府在住の和田様より、釣果レポートを頂戴致しましたのでご紹介させて頂きます。

「和田様コメント」

7月22日にアジングブームの先駆者、Go-phishの武田さんに「最強の時合い」を
狙い撃ちする タケダ式アジャストアジングを伝授してもらいました。
釣れるタイミング、レンジ、タックルバランス、ポイントetc様々な要素を
ドンピシャでアジャストすることで20cmオーバー入れ食い♪
和田5

この日のアジのメインベイトはバチとカタクチイワシの混合パターン。
水深2m未満のシャローエリアで追わせて喰わせるのがこの日のアジャスト!
アジのエサ&フラッシュJ1.5スリムのローテーションで連発です。
和田8

和田6

ロッドは1g前後のジグ単アジングでの操作性、感度、魚とのやり取りを
思いっきり楽しめるブルーカレント53TZ。

この日は漁港の堤防外向き堤防テトラの漁港先端部に当たった潮が岸際シャローエリアに
流れてくる 場所にアジがたまっており、キャスト後、ラインテンションを張った状態でロッドを
9時~11時に縦にゆっくりと 立てていき、ジグをス~っと横移動させてロッドティップが11時
の位置に来たところでフッっと一瞬ラインテンションを抜いて あげるとアタリがでるアジング
黄金鉄板パターンで連発でした。

もちろん、ロッドを立てていく段階でのテンション抜けのバイトも
53TZならはっきりわかりますので逃しません。

掛けた後もエステルライン0.3号でロッドに仕事をしてもらいますのでみっともなく
ドラグをジージーと鳴らしっぱなしの ファイトはしなくても25cm程度のアジなら
素早くゴボウ抜き、ロッドが柔軟に魚の引きを吸収し、魚が走ればそのまま浮かせて
しまいますので躊躇せずに一気にアジを抜いていけます。
これがドラグ調節がゆるすぎると手前で急に突っ込まれてしまい、 必要以上に走ら
れてしまいますのでドラグは無理のない程度に強く設定し、ロッドの性能に任せて
みると不用意に魚を暴れさせて アジの群れをスレされることもなく、もっとアジングを
楽しめると思います。

和田7
そんなこんなで、これ以上釣っても食べきれない(笑)、もう十分満足、
かなりやり込んだなぁと思い時計を見てびっくり!まだ22時過ぎ。
実釣1時間ちょいで物凄い充実感でした。

そして、24日は淀川デイキビレゲーム。

本当は、噂の淀川トップキビレゲームで1匹釣ってみたかったのですが、
残念ながらこの日は風が強く、ラインが風であおられ波も強く、思うような
釣りができずに不発^^;

そこでフラッシュJハドル 1″ SWにデコイシンカーDS-6の7gを使ったフリリグで
橋脚付近のブレイクラインを根がかりさせないようにテンポよくリフト&フォールで
探るとフォール中にひったくるような激しいアタリで3連発!!
和田1

和田2

フラッシュJハドル 1″ SWのシルエットはこの時期の淀川キビレのメインベイトである
テナガエビに似ているため ホントに良く釣れます。

また、フリリグはラインとワームの間にほとんど抵抗がないため、アタリは非常にダイレクト!!
キビレも一撃で喰い込んでくれますのでがっつりフッキングが決まります。
アタルけど乗らないショートバイト多発時にフリリグ!
是非お試しあれ!!
和田3
そしてロッドは大阪湾、ボートアコウゲームや先日のサワラキャスティングゲームでも使用していた
ブルーカレント ジグスペシャル72TZ/NANO。
このロッド汎用性の高さはもはや言わずもがなですね(笑)本当にいいロッドです。
●タックル「 アジング」
ロッド:YBブルーカレント53TZ
リール シマノ レアニウムCi4+2500S夢屋F4スプール+ZPIファンネル
ライン:YGKよつあみ チェルムアンバーコードS-PET0.3号
リーダー:YGKよつあみ GP-Z0.6号
ワーム:アジのエサ&フラッシュJ1.5スリム

●タックル「デイキビレ」
ロッド:ブルーカレント ジグスペシャル72TZ/NANO
リール:シマノ レアニウムCi4+2500Sスタジオオーシャンマークカスタム
ライン:YGKよつあみ G-SOUL X8アップグレード0.8号
リーダー:YGKよつあみ G-SOUL エギアブソーバー ウルトラストロング25m 3号
シンカー:デコイシンカーDS-67g
ワーム:フラッシュJハドル 1″ SW

和田様。この度はご報告誠にありがとうございます。
水深2mでアジに追わせて喰わせる。いやー非常にゲーム性の高い釣りですね。
私も物凄くやってみたいです。この季節に25cmまでが数釣れればそれは満足でしょう。
キビレに関しても72TZ/NANOのパツンとした張りがフリリグにおいてもボトムとの接触感度を
上げ、根掛かり回避能力を格段に上げ、フッキングにおいてもガッツリと合わせれるといった
性能がマッチしているかと思います。
奥深く素晴らしいライトゲームを展開さていますね。今後も是非ご報告のほど宜しくお願い致します。

STAFF マスダ