REPORT

HOME » REPORT » BaronKnight » 新潟県 ナマズゲーム BaronKnight CF66

新潟県 ナマズゲーム BaronKnight CF66

新潟県在住の猪俣様より、

バロンナイトCF66での釣果ご報告を戴きましたので、

ご紹介させて頂きます。


 

幼少の頃、ミミズを餌に釣っていたお友達とも呼べるナマズが、

今は立派なルアーターゲット。

週末の釣行日程に組み込まれる事は無く、

楽しみで時間の隙間を埋めてくれる癒しのターゲットです。

出るけど乗らなければ、潔く負けを認めて帰るか、

乗らないバイトを乗せる工夫をするか、千差万別の楽しみ方があり、

夜な夜な熱くなるゲームに熱が入って来ました。

時には忍者の様な忍びの感性が必要となり、

更にナマズを探し当てる釣り人の嗅覚も大切です。

私のメインフィールドは、幅10m前後の水路で、

足場の高さが1m~1.5mで水量によって変化します。

広範囲に探る釣りではなく、土管の流れ込みやオーバーハングした木の下を、

ピン撃ちで狙います。

バロンナイトの新機種【CF】はピン撃ちを低下させず、

ファイト時に肘に当ててしっかり支えてくれる、絶妙なグリップ長があります。

それに加えて、今回釣れた60㎝を超える大きなナマズでも、

躊躇無く抜き挙げられるパワーを兼ね備えています。

 

 

 

振った感じは少し固めの印象でしたが、ファイトしてみると強烈なローリングを

ロッド全体で吸収するような柔軟性もあるロッドです。

乗せ重視のロッドも釣りとしては面白いですが、夜間で視界が悪い中での釣行がメインになるので、

ロッドの頑丈さ・丈夫さは強い武器になり、フィールドやルアーを選ばず、

全国各地で活躍できるロッドになると思います。

 

外来種問題が大きく取り沙汰される淡水域に置いて、貴重な在来種のターゲット。

私の年齢でも、昔と大きく環境が変化していると言えます。

思い出の河川は埋め立てられ、天然の小さな川は、

水質の低下や護岸工事など、年々環境は悪化していく一方です。

そんな悪環境でも、ナマズは力強く河川や湖沼を泳いでいます。

夜が怖ければ誰かを誘ってみる。

きっと誘われた人はナマズゲームの虜になるでしょう。

 

使用タックル
ロッド: BaronKnight CF66
リール: 15カルカッタコンクエスト201HG
リーダー: PE3号+先端50㎝をダブルライン
ルアー:ジッターバグ各種


猪俣様、いつも釣果ご報告、誠にありがとうございます。

気軽に狙えるターゲットとして、この時期にはソワソワしだす方も

多くなってくることと思います。

繊細さと強靭さを融合させ、様々なターゲットと対峙する為に、

幅広いジャンルのソルトウォータールアーゲームで蓄えられたノウハウを、

惜しみなく注ぎ込んだこのバロンナイトCFシリーズ。

早速そのポテンシャルを感じて頂けたご様子を伺い、

私共スタッフ一同も大変嬉しい限りでございます。

また次回、ナマズ釣りに出向かれた際には是非、釣果ご報告を頂ければと思います。

スタッフ一同楽しみにお待ち致しております。

この度は誠にありがとうございました。